便秘を解消したいなら猫背姿勢を直そう!内臓不調を和らげるヨガポーズ3つ

Toru Tokunaga

便秘を解消したいなら猫背姿勢を直そう!内臓不調を和らげるヨガポーズ3つ

猫背がクセで前かがみになると、背中が力んで背骨まわりに熱がたまります。胃腸と関連が深いエリアのため、胃もたれ・便秘などの不調を招くことに。背中を動かすシークエンスで解決しましょう。解剖学、生理学に造詣が深いヨガ講師の野村賢吾先生に教えてもらいました。

猫背グセによる胃腸の不調は背中ゆるめシークエンスで解決!

1.アンジャネーヤーサナのアレンジ

胸~足先までを伸ばし、ここに位置する胃の経絡を刺激

膝立ちから左足を前につき、膝をかかとの上にセット。右脚は後ろに伸ばして膝から下を床につける。両手の指で床を押し、5呼吸キープ。

あ
Photo by Toru Tokunaga

2.アルダハヌマナーサナ

腿裏~首の後ろを伸ばし、背面の力みをリリース

左膝を伸ばし、腰を後ろに引いて腰の真下に右膝をつく。上半身を前へ倒し、5呼吸キープ。

あ
Photo by Toru Tokunaga

POINT

腰の真下に膝をつく

Photos by Toru Tokunaga
Text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.57掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

あ
あ
あ
あ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する