【股関節&お尻の硬さがわかる】自分の硬さを実感しながらほぐしていくヨガポーズ3つ

Adobe Stock

【股関節&お尻の硬さがわかる】自分の硬さを実感しながらほぐしていくヨガポーズ3つ

座りっぱなしでいることが多かったり運動不足気味の人は自分の股関節やお尻は硬いかもしれないと思っていても、その硬さはなかなか実感できないのではないでしょうか?軽減法がとれるヨガポーズで硬さを感じながら少しずつほぐしていきましょう。

どのポーズでも左右差を感じることが多いので、両方で同じようにできなくても大丈夫です。左右で使うクッションの数、体の動かし加減を調節しながら無理をせずに行いましょう。

薪のポーズ

薪のポーズ(アグニスタンバーサナ)
Photo by Yoga Journal US

1. 両膝を立てて座り、左膝を床に下ろしてすねがマットの前方と平行になるように位置を整える。
2. 右足を左膝の上に置いて膝を左足の方へ。右膝の下に必要なだけクッションやブランケットなどを挟んで膝と左足のすき間を埋める。必要であれば右足首の下や左膝の下にも。

薪のポーズ
Photo by Kayoko Yoshida

3. このままでキープするか、指先を正面について上半身を少し前に傾け、お尻の伸びを感じながら呼吸を続ける。ほんの少し倒すだけでも伸びは感じられるので、深く倒れようとしなくてもOK。お尻を床に安定させることを優先させる。
4. 最後の吐く息が終わったらゆっくりと上半身を起こして左右の足を組みかえて同様に行う。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

AUTHOR

吉田加代子さん

吉田加代子

オーストラリア・ブリスベン在住、東京都出身。日本とオーストラリアでの会社員生活を経て2012年よりオーストラリアでヨガ講師としての活動を開始。通常のヨガクラスの他、音響楽器シンギング・リン®を使った音浴瞑想会やリストラティブヨガなど音の効果を活かしたクラスも開催。心身のバランスが整ったヨガのためにヨガ哲学の勉強も継続中。RYT-500取得、Lizzie LasaterリストラティブヨガTT修了、ヨガアプリ “Down Dog” 日本語翻訳&ナレーション担当、一般社団法人シンギング・リン協会公認パフォーマー。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

薪のポーズ(アグニスタンバーサナ)
薪のポーズ
椅子を使った鳩のポーズ
椅子を使ったお尻のストレッチ
針の穴のポーズ
針の穴のポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する