あなたはどのタイプ?「〇〇できない」からわかる体の硬さパターン

Getty Images

あなたはどのタイプ?「〇〇できない」からわかる体の硬さパターン

ひとえに体が硬いといえど、具体的にどこがどう硬いのか、自分で把握している人は少ないようです。硬いことは自覚していても、どこをどうストレッチをしたら良いのかわからない人も。ヨガの世界大会「IYAC」で日本人初のワールドチャンピオンに輝いた三和由香利先生による「硬さ診断」で、特に硬い部位をチェックしていきましょう。

部位に適したストレッチで柔らかボディへ

ストレッチを効果的に行うには少しずつ、毎日続けることが大事。「継続の秘訣は日常生活に組み込ませること。気づいたときに行ううちに習慣になります」と三和先生。まずは診断で体の硬さをチェック。自分の体を知り、特に硬い部位に適したストレッチを行ってみましょう。

あなたの「硬さ」はどのタイプ?あてはまるものをチェック!

□脚が上がってしまい、あぐらをかけない→タイプA

□前屈をする時に、脚裏にぴりぴり痛みがあって伸ばせない→タイプB

□うつ伏せで脚を折り曲げた時、かかとがお尻につかない→タイプC

□背中で手が結べない→タイプD

タイプ A:股関節が硬い

あぐらをかいた時に、脚が床につかず、浮いてしまう。両手で膝を押し下げようと頑張っても、脚に力が入り、曲がらない。

三和由香利
photo by Kentaro Abe

このタイプが苦手なポーズ

a

このタイプが 抱えやすい不調:便秘・腰痛・股関節の痛み・生理痛・体の歪み

股関節が硬いと下腹部の血行が悪くなり生理痛の原因に。血液と同時にリンパの流れも悪くなるため老廃物の排出が滞り、便秘にも。また骨盤の歪みも招きやすく、腰痛のリスクを高めます。

Photos by Kentaro Abe
Hair&make-up by Mayumi Tsuchiya(FIX-UP
Text by Minako Noguchi
Illustration by Nana Suzuki
yoga Journal日本版Vol.46掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

a
a
三和由香利
三和由香利
三和由香利
三和由香利
三和由香利
三和由香利
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する