胃腸の冷えが老化の入り口?内側から体を温める簡単習慣&ツボ押しセルフケア

Adobe Stock

胃腸の冷えが老化の入り口?内側から体を温める簡単習慣&ツボ押しセルフケア

須藤玲子
須藤玲子
2020-11-27

季節を問わず冷えに悩む人は多くいます。最近では女性だけでなく男性にも広がりつつある冷え。「今日は寒いから…。」「このぐらいなら大丈夫!」そう思ってほったらかしにしていませんか?手足など体の表面の冷えは、放置するとより深刻な身体の内側の冷えに繋がります。胃腸の冷えは、体調を崩す原因になるだけでなく、老化の原因になることも。寒い冬が来る前に、改善すべきこととは?冷えに効果的なツボも併せて紹介します。セルフケアの一つとして参考にしてみませんか?

胃腸の冷えと老化の関係

胃腸の冷えが、老化に繋がるのはなぜでしょうか?2つの代表的な理由をあげてみましょう。

胃腸の冷えは肌に出る

胃腸が冷えて腸内環境が悪くなると、老廃物が溜まり、肌荒れや吹き出物の原因になります。また、血行が悪くなることで、新陳代謝がうまく行われず、肌のターンオーバーにも乱れが…。張りや艶がなくなり、顔色の悪さ、潤い不足など、見てわかるほど老化が進んでしまうのです。

胃腸が冷えると痩せにくくなる

胃腸の冷えが進むと、消化吸収力が弱まり、溜め込みやすい体に…。内臓機能の低下で代謝も落ちるため、ダイエットを頑張っても痩せにくい体になっしまうのです。スッキリしない体は老けた印象を与えてしまいがちです。冷えは万病の素と言われていますが、美容面からみると老化の素でもあるのです。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

三陰交