あなたはどのタイプ?ドーシャ別アーユルヴェーダ式セルフケアのポイント

CHARLIE PAPPAS

あなたはどのタイプ?ドーシャ別アーユルヴェーダ式セルフケアのポイント

自分のドーシャを見つけよう

VATA(ヴァータ)

不眠症や不安感があったり、落ち着きがなかったりするようならヴァータが強すぎるのかもしれない。腰や股関節の緊張、ガスや便秘、悪寒なども、ヴァータの不安定を意味している。

PITTA(ピッタ)

ピッタが安定していないと、胃酸過多、ニキビ、目の充血、動揺、短気などとして現れることがある。体の熱、嫉妬心、完璧へのこだわりなどを感じることもある。

KAPHA(カパ)

カパが強すぎると、便秘、体重の増加、むくみ、意欲の欠如、ぼんやりとした思考、怠惰、所有欲や頑固さを感じることがある。

Translated by Yuko Altwasser
yoga Journal日本版Vol.51掲載

All photosこの記事の写真一覧

ドーシャ別アーユルヴェーダ式セルフケア
アーユルヴェーダ
アーユルヴェーダ式セルフケア
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する