アーユルヴェーダ体質診断|あなたはどのタイプ?

Yoga Hawaii Magazine

アーユルヴェーダ体質診断|あなたはどのタイプ?

Mary Bastien
Mary Bastien
2018-08-18

アーユルヴェーダはヨガの治病部門でありかつ医療的側面でもある。アーユルヴェーダでは、肉体、感覚、精神、プラーナ、高次元の自己(アトマン)の間のバランスを取ることが大事。あなたのドーシャは?簡単な診断チェックで自分のタイプを知ろう!

アーユルヴェーダとは

アーユルヴェーダとは、サンスクリット語のアーユス(Ayus:生命)とヴェーダ(Veda:科学)を組み合わせた「生命科学」の意。インドの伝統医学で、ヨガともつながりが深い。体と心を整え、自然との調和により自己治癒力を高めるとされている。

アーユルヴェーダでは五大元素(地、水、火、空、風)を、あらゆる肉体とあらゆる生物に存在する3つの基本的なエネルギーに分類する。この3つのエネルギーは「ドーシャ」と呼ばれ、「ヴァータ」「ピッタ」「カパ」に分けられている。

ニューメキシコ州アルバカーキにあるAyurvedic Instituteの所長、ヴァサント・ラッド博士は、「ドーシャ」の文字通りの意味は、「過失」、「不純」、「誤り」であると説明している。五大元素は私たちの内に常に存在していて、質的にも量的にも正常であると、調和のとれた精神生理学的状態が維持される。このバランスが崩れると、元素によってダートゥ(組織)が汚染されて、それがのちにドーシャ(不純なもの)になる。
ラッド博士は、「健康の点から言えば、ドーシャとは精神生理学的反応と病理学的変化を支配している3つの原理を指している」と解説している。3つの原則とは、ヴァータ、ピッタ、カパである。

Article from yogaHAWAIImagazine.com
Translated by Setsuko Mori

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ピッタ
ヴァータ
カファ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する