あなたはどのタイプ?ドーシャ別アーユルヴェーダ式セルフケアのポイント

CHARLIE PAPPAS

あなたはどのタイプ?ドーシャ別アーユルヴェーダ式セルフケアのポイント

アーユルヴェーダのパワーを知ってたちまち虜になったラリッサ・カールソン。彼女はアーユルヴェーダのドクターに指摘された悪習慣を見直し、大きな変化を感じると同時に、アーユルヴェーダのマジックを実感。食事とライフスタイルをベースにしたアーユルヴェーダの処方箋は、それほど大きな苦労はせずに長続きする健康的な変化を生み出すことができるのが魅力だ。

2004年、ラリッサ・カールソンは、西マサチューセッツ州のバークシャーの山中にあるKripaluCenter for Yoga&Health で、初めてアーユルヴェーダの診断を受けた。それは興味深くもほろ苦いものだった。疲労感やむくみを何とかしたいと思っていたカールソンに、アーユルヴェーダのドクターは、その原因は、忙しく動きながら食事をしたり、夜更かしをしてアイスクリームを食べながら深夜番組を見るといった、彼女のお気に入りの習慣にあることを伝えた。そして、5千年の歴史を持つホリスティックな健康科学に照らし合わせ、いくつかのシンプルな提案をした。夜9時以降は食べないこと。夜更かしはやめて朝もっと早く起きること。それがどんな結果となっただろうか? 大きな変化だった。「2、3日後にはもう疲労感もむくみも軽くなったわ。エネルギーのレベルが完全に変わったのよ」カールソンは言う。

Translated by Yuko Altwasser
yoga Journal日本版Vol.51掲載

All photosこの記事の写真一覧

ドーシャ別アーユルヴェーダ式セルフケア
アーユルヴェーダ
アーユルヴェーダ式セルフケア
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する