ストレスや緊張で無意識に力が入りがちなお腹をゆるめる|おすすめヨガポーズ2選

Adobe Stock

ストレスや緊張で無意識に力が入りがちなお腹をゆるめる|おすすめヨガポーズ2選

日常生活で不安や緊張ストレスを抱えていると知らず知らずのうちに体の一部に力が入りがちですが、お腹もそんな場所のひとつです。力が入っていることが普通の状態にならないように、ヨガのポーズでゆるめる習慣をつけてみましょう。

無意識のうちに力が入りやすいお腹をゆるめてあげることで心もゆるんでリラックスされます。心身がリラックスしている時は副交感神経の働きが優位になっているので、消化が促進される、睡眠もスムーズになるなど体の機能にも良い影響を与えます。

お腹と心をゆるめるヨガポーズ

お腹をゆるめるだけでなく心を落ち着かせる効果も期待できるヨガポーズをしてみましょう。クッションやブランケットなど体をサポートできるアイテムを使うとより楽になります。

スプタバッダコナーサナ(横たわった合せきのポーズ)

膝を曲げることでお腹のリラックス具合を感じやすくなります。太ももの内側をストレッチすることが目的ではないので、太ももや膝の下をクッションなどでサポートをして余計な力みを作らないようにしましょう。

boundanble
Photo by Yoga Journal US

やり方:
1. 膝を曲げて仰向けになり、足の裏を合わせて膝を開く。必要に応じて太ももの下をサポートする。
2. 両腕はシャヴァーサナと同じように体の横に置き、呼吸を繰り返す。
3. 終わったら、手を使って膝を中央に寄せ、そのまま胸元へ引き寄せて少し休む。

boundangle_props
ボルスターやブランケットで上半身をサポートすると快適度UP/Photo by Yoga Journal US

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

viaritakarani
boundangle_props
boundanble
ストレスや緊張で無意識に力が入りがちなお腹をゆるめる|おすすめヨガポーズ2選
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する