体のなかの不安やトラウマを解放する7つのポーズ

YJ US

体のなかの不安やトラウマを解放する7つのポーズ

「15歳の私を見舞ったあの事故に、もしなにかいい面があったとすれば、それは私がほかの人の持つトラウマに大いに共感できることです。それが大きなものであれ、小さなものであれ、生徒たちがした辛い経験を共感的に理解することができます」彼女は本の中でそう記している。

「ときどき、私には生徒たちの体のどこにトラウマが残ってしまっているかが、分かることがあります。そういうときにはそれを和らげ、取り除くことが来出るようなシークエンスを考え出すようにしています。トラウマは緊張として、不安として、あるいは病気として現れてくることがあります。トラウマと結びついている場所としてよくあるのが、骨盤、横隔膜、喉、あご、ハムストリング、それに肩と首です」

トラウマをため込んでいる7つの場所 + 解放するためのポーズ

私たちはイーに頼んで、彼女の本からポーズをいくつか勧めてもらうことにした。トラウマをため込んでしまっている場所のそれぞれについて、それを解き放つことができるようなポーズになっている。これらのポーズは「私たちが自分の体にため込んでしまった過去の痕跡や、動きの妨げとなっているものからの自由」を得るのを手助けしてくれる。

1. 骨盤

トラウマ
合せきのポーズ(バッダコナーサナ)

合せきのポーズ(バッダコナーサナ
合せきのポーズは、別名コブラのポーズとしても知られている。このポーズは骨盤をゆるめるのに大いに役立つ。人は脅威を感じたときに骨盤を閉じる傾向がある。本当に危険な状況のときには、人間はアドレナリンを必要とする。しかしそうした状態がデフォルトになってしまうことがあり、そうなると非常に疲弊させられる。このポーズは腰を楽にし、5分、10分といったある程度長い時間でも、安全に姿勢を保つことができる。

Translated by Miyuki Hosoya

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

トラウマ
トラウマ
トラウマ
トラウマ
トラウマ
トラウマ
トラウマ
yoga for life
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する