あなたは大丈夫?今からしておきたい「生活感がでる」背中対策

Adobe Stock

あなたは大丈夫?今からしておきたい「生活感がでる」背中対策

「生活感がでる」と言われる背中。スマホやパソコンの長時間利用で猫背になる、落ち込んだ気持ちが背中にあらわれる、運動不足やストレスによる食べ過ぎで背中にもたつき感が出るなど理由は様々でしょう。薄着になる季節に向けてヨガでケアしてみませんか?

まず日頃の生活を振り返る

ヨガのポーズをする前に自分の日頃のくせや姿勢を振り返ってみましょう。気持ちがふさがっている時、疲れている時はつい目線が下がり背中が丸くなりがちですよね。気分的な理由でこうなる場合は、自分にあったストレス解消法やリラックス法を積極的に探しましょう。また、スマホやパソコンの使用時間が増えて姿勢の崩れや体の疲れを感じた時に仕方がないと諦めたり、休憩をとったりこまめに体を動かすのが面倒だからと放置していませんか?習慣を改めることも第一歩です。

背中対策で取り入れたいヨガポーズ

背面合掌

猫背解消に。座ったままでもできるのでデスクワークの最中にもおすすめです。

reversenamaste
Photo by Yoga Journal US

やり方

1.両腕を後ろにまわして手のひら同士をあわせる。できたら手の付け根まで合わせられるように。難しければ肘をつかむ(写真下)。

namaste
Photo by Kayoko Yosihda

2.頭頂を真上に向けて目線が目の高さを保つよう姿勢を整え、呼吸を続けながら好きなだけキープする。

NG例
ここでの目的は鎖骨周辺が開かれている感覚を得て、胸を開くことです。手のひらをあわせようと頑張って目線が下を向き始めたら(写真下)、肘か前腕の中央をあたりを抱える軽減法をとりましょう。

ng
Photo by Kayoko Yosida

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

namaste
ng
reversenamaste
locust
camel
camel1
あなたは大丈夫?今からしておきたい「生活感がでる」背中対策
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する