おうちヨガでもプロップスを!効果を高める肩凝り解消ヨガポーズ

Kayoko Yoshida

おうちヨガでもプロップスを!効果を高める肩凝り解消ヨガポーズ

ヨガのポーズをやりやすく、そして深めるために役立つプロップス(補助用具)。スタジオでのクラスで使ったことがある人も多いでしょう。プロップスの種類や用途は様々ですが、その中からベルトブロックを使った肩凝り解消に役立つヨガポーズをご紹介します!

ベルトを使う

肩を大きく回す

ベルトを持つ手の幅、後ろへの腕のおろし具合を調節することで負荷を調整できます。自分のやりやすい方法を見つけてみましょう。

shoulderopening
Photo by Kayoko Yoshida

やり方:

1. ベルトを肩幅よりも広くつかみ、腕を正面にまっすぐ伸ばす(写真A)。ベルトを持つ手の幅が広くなればなるほど負荷が減って楽にできます。

2. 息を吸いながら、ベルトをつかんだまま腕を頭上へ(写真B)。

3. 吐きながら、できるところまで両腕を後ろにおろす(写真C・D)。

4. 吸いながら両腕をゆっくりと頭上に戻し(写真B)、吐きながら前におろす。

5. 何度か繰り返す。

腕を後ろに回す時は写真Dのように下まで完全におりなくても大丈夫です。心地よく感じられるところで動きを止め、決して無理をしないようにしましょう。

ゴムカーサナ(牛の顔のポーズ)

ベルトなしでは手をつかもうと頑張って、背中が丸くなりがちなこのポーズ。ベルトを使えば自分にあった手の位置で無理なくできるので、胸と肩が気持ちよく開かれた状態で効果的にポーズをとることができます。 

やり方:

1. あぐらで座り(椅子に座ってでもOK)、右腕にベルトを持つ。

2. 息を吸いながら右腕を頭上に伸ばし(写真左)、吐いて肘を曲げ、左手を右肘に乗せる(写真右)。肩の開き具合を感じながら、ここで数回呼吸をする。

gomukha
Photo by Kayoko Yoshida

3. このままでキープするか、左腕を背後に回して肘をまげ、ベルトをつかむ。

gomukhasana
Photo by Kayoko Yoshida

4. 目線を正面に向けたまま、背中が丸まらないように注意して数回呼吸を続ける。

5. ゆっくりと腕を解放して、反対側も同様に行う。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

shoulderopening
puppy
PuppyB
gomukha
gomukhasana
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する