意外に知らない!ヨガベルトを選ぶときのポイント

Getty Images

意外に知らない!ヨガベルトを選ぶときのポイント

KANA ITO
KANA ITO
2018-11-23

ヨガベルトは体を固定したり、ストレッチの補助をしたり、手や足の代わりになって体やエネルギーのつながりを作ってくれたりと、最強のヨガプロップ(補助具)のひとつです。ヨガベルトを選ぶときのポイントや、素材・形による違いの特徴を知って、あなたにピッタリの1本を見つけましょう!

ヨガベルトの素材

色々なヨガブランドがヨガベルトを展開していますが、ほとんどの素材は綿100%です。とはいえ製法により触り心地、使い心地に大きな違いがあります。大きくはふたつのテクスチャがあり、ひとつロープのように太い糸を編んで作ってあるもの。まさしくロープのように頑丈で力強く、サポートしてくれている安心感を得やすいです(以下、ロープ型)。もうひとつはトートバッグのような厚手の布を縫い合わせて作られているものです。編んであるベルトより表面が滑らでしなりやすいため、ホールドしたい部位に「しっかりと吸い付く(くいこむ)」ような感覚が強いでしょう。一般的には編みでつくられたものが多く出回っており、布製のものはアイアンガーヨガなど、特定の流派で好まれる傾向があります(以下、布型)。(※ロープのような見た目でも、編みで作られているものと織りで作られているものがある可能性があります)

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する