ホットヨガと常温ヨガの違いって?|気を付けるべきポイント

Getty Images

ホットヨガと常温ヨガの違いって?|気を付けるべきポイント

身体を動かしたい、ダイエットしたい、すっきり汗をかきたいと思ってヨガにチャレンジしてみようと思う方も多いはず。でも初めてのチャレンジは誰だって不安に感じるもの。より快適にレッスンを受けるために常温ヨガ、ホットヨガの違い、どんなウェアを着たらいいのか、何を気を付けたいかポイントをご紹介!

ホットヨガの特徴

室温約38度、湿度約60%の高温多湿の中で行うヨガです。スッキリ汗をかきたい、身体を温めたい方にオススメ。序盤から汗がダラダラ出てきますので、メイクはしない方が良いでしょう。
全身から汗をかくのでウェアは身体にフィットして、汗を吸収しやすい素材の方が快適に過ごせます。
暑い中での運動ですので、お水はもちろん、不安な方は一緒にスポーツドリンクも持っていくことをオススメ。そして少しでも体調に変化を感じたら無理をせずにお休みすることが大事です。

常温ヨガの特徴

快適な温度、湿度の中でのヨガとなります。スタジオによっては冬場、床暖房が入っている所もあります。暑いのが苦手な方にオススメ。運動量が高いクラスでは汗ばむこともありますが、基本はダラダラと汗が流れるほどにはならないので、メイクもしたままで受けることができます。
ウェアはリラックスクラスであれば身体を絞めつけずゆるっとしたものを、動くクラスであれば身体にフィットするものがオススメです。
ヨガでは最後に屍のポーズで心と身体をお休みする時間があります。その時に寒いと感じるとリラックスできないので、羽織れるものを1枚持っていくと安心でしょう。

常温ヨガでもホットヨガでも一番大事なのは呼吸

どのヨガでも大事なことは「呼吸」です。最初はポーズを取ることに必死になり、自分の呼吸がどんな状態かなかなか意識を向けにくいですよね。でも大丈夫、ポーズは焦らずに練習を重ねれば、徐々に取れるようになっていきます。なので最初はレッスン中、自分のペースで呼吸ができているかどうかに注目してあげてください。普段の生活の中で自分の呼吸に意識を向けることってありますか?ヨガの時間って、実は身体への変化より、自分自身を知っていく時間なのです。忙しい毎日の中で、新しい自分に気づきつつ身体が変わっていくヨガ、ぜひ快適に過ごしてみてくださいね。

ライター/古賀奈津美
専門商社のサラリーウーマンとして毎日めまぐるしく働き心身ともに疲れていた時、ヨガに出会う。今まで全く意識したことのなかった、呼吸や体の使い方、筋肉の状態について気づき、周りと比べずに自分の内側を知る事で心が楽になり、一気にヨガの虜に。サラリーウーマンをしながら資格を取得し、仕事をしつつ週末のみレッスンを開催。今後の人生を考えた時にもっとヨガの良さを私から広めたいと思い、フリーランスのインストラクターとして転職。現在は都内ヨガスタジオ、イベントなどでレッスンを開催中。RYT200取得/ヨガ解剖学基礎講座修了

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する