ブロックやブランケット…補助具を使うのは恥ずかしい?

Getty Images

ブロックやブランケット…補助具を使うのは恥ずかしい?

伊藤香奈
伊藤香奈
2018-10-18

あなたは、ヨガレッスンでプロップス(補助具)を使うことを恥ずかしいと思ったり「プロップスがなくてもできるからいらない」と使うことに消極的だったりしませんか?そんなあなたにこそ使ってほしい!プロップスを使いたくなる「使うべき理由」を探りました。

改めて知りたい!プロップスとは?

プロップスとは、ブロックベルトブランケットボルスターといった、ヨガで使う補助具のこと。それぞれに大切な役割がありますが、ヨガレッスンで1番よく使われるのはブロック。関節の柔軟性を助けたり、手や足の代わりになって高さや長さを出す時の補助によく使われる道具です。ベルトは、ブロックと同じくポーズをアシストしてくれたり、インストラクターがポーズをアジャストしてくれるのと同じように、正しい方向に力が向くように導いてくれるのにも役立ちます。ブランケットやボスルターは、主にリストラティブヨガというリラックス系のヨガで多く使われる道具で、体の力を抜いたり、その柔らかな素材感を活かしたアシストをしてくれます。

プロップスの効果は絶大!

「補助具」と聞くと「できないこと」を補助してくれるもの、つまりマイナスを0にしたり、マイナスをプラスにしてくれる道具という印象が強いのではないでしょうか。だからこそ、多くの人は「プロップスに頼らなくてもできる!」とプロップスを使うことにちょっと抵抗があるのかもしれません。しかし、プロップスはポーズの補助だけではなく、実は、ポーズの効果を最大限に引き出してくれる、最強のサポーターなのです。プロップスを使うことで、もっと気持ちよくなるし、もっと体や心に良い効果をもたらしてくれるとしたらどうでしょう。あなたはプロップスを積極的に使いたくなりませんか?

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する