頑張りすぎはNG。ボルスターを使って20秒!無理なく前屈を深めるストレッチ

Getty Images

頑張りすぎはNG。ボルスターを使って20秒!無理なく前屈を深めるストレッチ

前屈するとき、つい頑張りすぎてしまう人も多いはず。実は無理な前屈は逆効果。ヨガティーチャーの鈴木伸枝先生いわく「ストレッチ効果を得るには、20秒以上キープが必要」なのだとか。ボルスターを使ったワークで心地よいポイントを探してみましょう。

膝曲げ脱力で股関節から前傾を

苦手な人は、骨盤が後傾したまま腹筋で無理やり体を倒そうとしています。膝を曲げて骨盤を立ち上げ、腹筋や太腿をゆるめると股関節から前傾でき、前屈ができます。

HOW TO

鈴木伸枝先生
photos by SHOKO MATSUHASHI

座で膝を立て、膝の下にボルスターを入れて勢いをつけず股関節から体の重みで前屈。この状態で深い呼吸ができていれば力みがない証拠。骨盤は前傾させるのがポイント。

体が硬い人は…

鈴木伸枝先生
photos by SHOKO MATSUHASHI

キツイ人は膝の脇に手をついて体を支えて。膝の下に入れるものはクッションやブランケットでも可。

これはNG

鈴木伸枝先生
photos by SHOKO MATSUHASHI

腹筋と肩で緊張。腿も力が入っている状態・・・。

教えてくれたのは…鈴木伸枝先生

鈴木伸枝パーソナルヨガスタジオ主宰。不調に気付いて心身をベストコンディションに戻す、「調整力を引き出すヨガ」を教えている。ヨガインストラクターの育成にも携わり、1000名以上を輩出。

Photos by Shoko Matsuhashi
Text by Ai Kitabayashi
yoga Journal日本版vol.48掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

鈴木伸枝先生
鈴木伸枝先生
鈴木伸枝先生
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する