後屈が苦手な人は腹筋が硬い?「伸び脱力」でお腹をゆるめよう

PIXTA

後屈が苦手な人は腹筋が硬い?「伸び脱力」でお腹をゆるめよう

ポーズの「できない」と向き合うことは、ビギナーから抜け出しステップアップするための必須事項。TTの指導経験を積んだ、体の使い方を熟知したティーチャーが、苦手を克服するヒントをご紹介!今回は苦手という人が多い後屈のポーズを深めるためのストレッチを教わります。

伸び脱力でお腹をゆるめよう

腹筋をゆるめ体の前側を伸ばすのが、後屈の正しい形。腹筋を固めて背筋で反ろうとするのはNG。体が固いと思っている人も腹筋がゆるむと楽にできます。

HOW TO

伸び脱力
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

うつ伏せになりボルスターはお腹の下、手は前につく。反動をつけず上体を自然に持ち上げ、お腹まわりの伸びを感じて深い呼吸を。

これはNG

伸び脱力
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

肩が上がって力が入り、腰を守ろうとしてお腹も力んでいる。

教えてくれたのは…鈴木伸枝先生

鈴木伸枝パーソナルヨガスタジオ主宰。不調に気付いて心身をベストコンディションに戻す、「調整力を引き出すヨガ」を教えている。ヨガインストラクターの育成にも携わり、1000名以上を輩出。

Photos by Shoko Matsuhashi
Text by Ai Kitabayashi
yoga journal日本版vol.48掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

伸び脱力
伸び脱力
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する