脚の付け根が痛い…「三日月のポーズ」の苦手を克服する2つのコツ

Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

脚の付け根が痛い…「三日月のポーズ」の苦手を克服する2つのコツ

ポーズがなかなか上達しない、クラスの翌日に体が痛くなる、という人は、無意識に「力んで」いる可能性が。本来力を入れなくてもいいところで頑張ってしまってませんか?力みは首や肩、腰などがつまってポーズがとりにくくなるだけでなく、ケガの原因にも…。この企画では、力みを取るためのメソッドを、理学療法士でヨガインストラクターの中村尚人先生にお聞きします。今回は「三日月のポーズ」の力みの取り方!

三日月のポーズで「力み」が生じるポイント

三日月のポーズでやりがちなのは、以下の2つです。

1.腕を上げると首がつまる
2.鼠蹊部が痛い

本来は体の前側で支えるポーズですが、お尻で支えようとしがち。そうならないために、脚や下腹部など体の前側を鍛えて強固な下半身をつくりましょう。土台がしっかりすれば、上半身の力みはほぼ解消されます。

三日月のポーズ|正しいアライメントがマスト⑤
photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

解決法1:腕を上げると首がつまる時は、腕を伸ばして胸を開く

腕の伸びを意識しないまま、体だけ反らせようとすると首がつまってしまいます。まずは両手を床と平行の高さで遠くへ伸ばし、そのまま上げていくと自然に胸が開いてきます。首に無駄な力を入れずに腕を上げる感覚を覚えましょう。

やり方

1.膝立ちになり、腿前と下腹部に力を入れて下半身を安定させる。胸の前で両腕を伸ばし、手の先を押し出すイメージで長く保つ。

三日月のポーズ|正しいアライメントがマスト⑤
photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

2.手を押し出したまま、頭の上へ移動させていく。首の後ろをつぶさず、胸から反るイメージで体が伸びていく。腕は常に顔より前に。

三日月のポーズ|正しいアライメントがマスト⑤
photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

photos by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)
hair&make-up by Mayumi Tsuchiya(FIX-UP)
text by Yasuko Ito
yoga Journal日本版Vol.55掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

三日月のポーズ|正しいアライメントがマスト⑤
三日月のポーズ|正しいアライメントがマスト⑤
三日月のポーズ|正しいアライメントがマスト⑤
三日月のポーズ|正しいアライメントがマスト⑤
三日月のポーズ|正しいアライメントがマスト⑤
三日月のポーズ|正しいアライメントがマスト⑤
脚の付け根が痛い…「三日月のポーズ」の苦手を克服する2つのコツ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する