腰が反り過ぎちゃう!後屈ポーズのアドバイス~柔らかすぎる人の場合~

Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

腰が反り過ぎちゃう!後屈ポーズのアドバイス~柔らかすぎる人の場合~

美しい後屈にしか見えない、柔らかすぎる人代表・宮沢セイラさんの「三日月のポーズ」。しかし、これは柔らかすぎる人にありがちな、間違った「三日月のポーズ」なのだとか? 解説してくれたのは、人気ヨガ講師の佐藤ゴウ先生とHANAE先生!

ヨガの壁:全身の力が抜けてストッパーが利かないポーズに

柔らかい人はただでさえ反ることが得意なので一見よさそうに見えますが、一番大事なお腹の力が抜けています。きちんと体幹を使い、上半身を正しい位置でキープできるようにしましょう。

三日月のポーズ
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

NGポイント1:お腹の力が抜けて腰を反りすぎてしまう

体幹が弱く、骨盤が起きずに前傾したままポーズをとっています。背骨がしなりすぎて腰への負担大!

NGポイント2:脚を踏み込みすぎて膝に負担がかかる

前の脚を踏み込みすぎて膝が深く入りすぎ! 関節を痛めちゃうよ。

Photos by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)
Styling by Chie Hosonuma
Hair&make-up by Sachiko(U-REALM)
Text by Megumi Nishijima
Yogajournal日本版vol.58掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

三日月のポーズ
腹筋を鍛える
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する