体と向き合う50代へ|同世代のヨガ講師3名に聞く大人ヨガのポイント

Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

体と向き合う50代へ|同世代のヨガ講師3名に聞く大人ヨガのポイント

加齢とともに衰えていく筋肉や関節。さらに、ホルモンバランスの崩れで不調も現れはじめるAround50歳。 悩める体と心に活力を与え、さらに美しく年を重ねていくための基礎をつくる「大人ヨガ」を、アラフィフ世代の人気ティーチャーが伝授!

1.西川先生は「ヨガを通して、より自分の体と向き合うことが大事」

若々しい体を維持するには体と向き合うことが大切。ヨガは、自分の体を見つめるきっかけになり、ヨガを行うことで老けに直結する下半身の筋肉の衰えを食い止めることができます。

老けない体のための50歳からの「大人ヨガ」①
「筋力&柔軟に!」/photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

西川先生のメソッドを実践しよう

●加齢で動かしにくい「股関節」を柔らかく改善する4つのアプローチ

教えてくれたのは…西川尚美先生
2004年サンディエゴでヨガに出会う。整形外科ヨガ認定主任講師。ポールグリリー陰ヨガTT500時間修了。整形外科でクラスを担当。

2.キミ先生は「体の感覚に繊細になる、それが大人ヨガのポイント」

体と心の不調のサインに気づくことができ、それを回復する養生になるのが大人ヨガのメリット。1日5分でも、ヨガで動く意識を持つことが、元気な体をキープする秘訣です!

老けない体のための50歳からの「大人ヨガ」①
「毎日元気に!」/photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

キミ先生のメソッドを実践しよう

●年々ひどくなる「腰痛」は腸腰筋の硬さが原因?3ステップで腰痛改善

●慢性的な肩こりに|圧迫&血流促進で体をゆるめるメソッド

●気分の落ち込みは「自律神経」のしわざ?気分を上げる2ステップ

教えてくれたのは…キミ先生
スタジオ・ヨギー エグゼクティブ・ディレクター。瞑想をライフワークにさまざまな流派のハタヨガ、ヨガ哲学、呼吸法、瞑想を学ぶ。

3.大友麻子先生は「50歳からは体幹と下肢の筋力を高め、全身を底上げ!」

自分の体の重さをしっかり支えられる体幹、足腰の強さを養うためにも50歳からのヨガはマスト! 柔軟な筋肉が体の内と外を引き締め、ハリのある美ボディを叶えてくれます。(大友麻子先生)

老けない体のための50歳からの「大人ヨガ」①
「キュッと小尻に!」/photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

大友先生のメソッドを実践しよう

●胸元のハリを取り戻そう!50歳からの「美しいデコルテ」をつくるメソッド

●ポッコリお腹は腹筋への刺激で解消!50歳からのお腹ヤセメソッド

●加齢による「子宮・膣の筋肉」の衰えを防止するメソッド

●若返り効果も?免疫力を活性化させる3つのアプローチとは

教えてくれたのは…大友麻子先生
心と体を最善に保つヨガを実践。書籍監修や免疫力を上げるヨガなど、専門誌での連載も多数。YOGASTUDIO TOKYO主宰。

photos by Nobuhiro Miyoshi (RELATION) Sayaka Ono
hair&make-up by Mayumi Tsuchiya(FIX-UP)
illustration by Nanayo Suzuki
text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.66掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

老けない体のための50歳からの「大人ヨガ」①
老けない体のための50歳からの「大人ヨガ」①
老けない体のための50歳からの「大人ヨガ」①
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する