気分の落ち込みは「自律神経」のしわざ?気分を上げる2ステップ

Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

気分の落ち込みは「自律神経」のしわざ?気分を上げる2ステップ

気分の落ち込んだときは、「自律神経」を整えましょう。ポイントは、体を動かすポーズで、あえて交感神経を優位に立たせること。すると、副交感神経優位にシフトしやすくなるのです。前向きな気持ちへ導くメソッドを、人気ヨガティーチャー・キミ先生が教えてくれました!

体の前面を大きく伸ばして胸も気持ちもオープンに

後屈ポーズで胸を開き、体の前面を伸ばすことで交感神経を活性化。ねじるポーズからシャヴァーサナで、ぐっと副交感神経を優位に。

STEP1:「アンジャネーヤーサナ」でしっかり動く

1.四つん這いになる。

気分の落ち込みを改善「自律神経」を整えるメソッド
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

2.右足を大きく前に踏み出し、両手の間に足をおく。右足のかかとのわずかに前に右膝がくるようにセット。 

気分の落ち込みを改善「自律神経」を整えるメソッド
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

2.上半身を起こし、両腕を上げ、両手を組んで手のひらを上に向ける。伸びをするように胸を開いてキープ。反対側も同様に。3〜5呼吸。

気分の落ち込みを改善「自律神経」を整えるメソッド
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

STEP2:「パリヴルッタパールシュヴァコーナーサナのアレンジ」でリラックス

左脚を前にし、上半身を左にねじる。右手の甲で左膝を押し、左手は肩の高さで横に伸ばして目線を指先に。反対側も。5呼吸。

気分の落ち込みを改善「自律神経」を整えるメソッド
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

最後はシャヴァーサナへ!仰向けになり、全身を脱力しましょう。

気分の落ち込みを改善「自律神経」を整えるメソッド
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

教えてくれたのは…キミ先生
スタジオ・ヨギー エグゼクティブ・ディレクター。瞑想をライフワークにさまざまな流派のハタヨガ、ヨガ哲学、呼吸法、瞑想を学ぶ。

photos by Nobuhiro Miyoshi (RELATION),Sayaka Ono
hair&make-up by Mayumi Tsuchiya(FIX-UP)
illustration by Nanayo Suzuki
text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.66掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

気分の落ち込みを改善「自律神経」を整えるメソッド
気分の落ち込みを改善「自律神経」を整えるメソッド
気分の落ち込みを改善「自律神経」を整えるメソッド
気分の落ち込みを改善「自律神経」を整えるメソッド
気分の落ち込みを改善「自律神経」を整えるメソッド
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する