人前で上手に話すテクニック|緊張を和らげるためのコツ

Getty Images

人前で上手に話すテクニック|緊張を和らげるためのコツ

しっかり準備ができていると、当日の緊張を抑えることができます。プレゼン当日までの間にできることを見ていきましょう。

伝えたいことをまとめる

伝えたい内容がまとまっていないと、頭が真っ白になったり焦ってしまいやすくなります。話す順番や構成はできるだけまとめておきましょう。とは言え、一語一句セリフを覚えて話すというのは平坦で退屈な印象になります。準備をする際は箇条書きでまとめておき、どういった順番で話すか、ストーリーを意識すると伝わりやすくなります。

主役はあなたではなく、あなたが伝える内容です。言葉がうまく出なくなったり顔が赤くなったりしても、必死に説明しようとする姿勢は相手に伝わります。口下手な人は資料で補足ができるように工夫するのも良いでしょう。

何度も練習する

「プレゼンが苦手」という人の中には、資料作成までで準備が終わりになっている人が多いようです。慣れるまでは、資料作成と発表練習の割合は2:8ぐらいを目指しましょう。

練習を録画して自分でチェックしたり、家族や友人の前からアドバイスをもらうのも早く上達するコツです。身近な人でお手本がいたら話し方を真似するのも良いでしょう。何度も練習するすることで、大舞台でも緊張しにくくなります。

失敗を想定しておく

完璧を目指そうとすると緊張します。ありうる失敗は想定しておき、どうリカバリーするかを考えておくと良いでしょう。笑いに変えてしまうのも良いかもしれません。

場に慣れる

初めての場所で話すのは誰でも緊張するものです。下見をしたり、難しい場合は会場の写真などを使ってイメージトレーニングをすると良いでしょう。

ギリギリに到着するとしどろもどろになりがちです。早めに到着し、笑顔で他の人を出迎えることで、その空間に自分の存在を馴染ませてリラックスすることができます。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する