人前で上手に話すテクニック|呼吸法でプレゼン上手をめざそう!

Getty Images

人前で上手に話すテクニック|呼吸法でプレゼン上手をめざそう!

人前で話すのが苦手、伝えたいことが相手に響かない…そんなお悩みに効くコツをお伝えします。人前で話すことが多い方やヨガクラスの先生にも、ぜひ知っておいていただきたいスキルです。

プレゼンテーションとは?

プレゼンテーションとは、発表・説明・提案のいずれかを目的としたコミュニケーションのことを言います。目的や対象者によって「どのような方法で」「どれぐらいの時間」「どこで」「何をするか」などが変わってきますが、プレゼンテーション自体の良し悪しを判断する際、決め手になるのは以下の2つです。

コンテンツ:内容と構成方法
デリバリー:表現方法


また、プレゼンテーションの目的は大きく分けると3つに分けることができ、1つの場合もあれば、それぞれを組み合わせる場合もあります。大切なのは常に目的を意識し、ブレないようにすることです。

①何かを理解してもらう
②心を動かす
③行動を促す


よく「人前で話すとあがってしまう」「プレゼンが嫌い」という声を聞きますが、その原因がコンテンツにあるのか?デリバリーにあるのか?それとも両方なのか?を突き詰めて考えてみると対策が立てやすくなるかもしれません。
今回はデリバリーの中でも入門編、「言葉のヒゲ」について考えてみましょう。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する