7人のヨガ賢者が語る「今、伝えたいヨガの精神」vol.1 野沢和香先生

yoga Journal online

7人のヨガ賢者が語る「今、伝えたいヨガの精神」vol.1 野沢和香先生

長くヨガに親しみ、指導者としても活躍し続けるティーチャーたちにとって、ヨガとはどのような存在なのでしょうか? 伝えていきたいヨガの精神、そして人生にヨガがどのように影響しているのかをじっくり語っていただきました。7人のヨガ賢者のトップを飾るのは、モデル・ヨガインストラクターの野沢和香先生です。

♯CASE1「アーサナ練習が、客観視できる心をつくってくれた」

太陽のように晴れやかな笑顔で、クラス中を明るく包み込む野沢和香先生。ファッション誌を中心にトップモデルとして活躍する傍ら、今夏はRYT500を取得するなど、ヨガインストラクターとしてもステップアップし続けています。そんな和香先生がヨガを始めたのは、「手に職をつけたい」と思ったから。

「モデルを始めた頃は若かったですし、景気も良かったので仕事もたくさん入ってきましたが、まったく貯金をしていなくて(笑)。当時は自分が長くモデルを続けていけるとは思えず、将来に不安を感じて、手に職をつけないとヤバイ! じゃあヨガでもやろうかな、と思ったんです」

――もともとサーフィンが趣味だったこともあり、体を動かすことが好き。ヨガを始めた当初は、アーサナだけを練習していたといいます。そんなある日、思いがけず、自分の変化に気づいたそう。

「当時付き合っていた彼が、何かと文句やダメ出しが多い人だったんです。彼とは、人とこんなにケンカしたことがないっていうくらい、ケンカばかりしていたんですよね(笑)。ある日、いつものように言い争っていたら、心のどこかで『今、私、ムカついてる』と感情を客観視している自分に気づいたんです。それまではケンカが始まったら、ネガティブな気持ちに100%、支配されるだけだったのに」

野沢和香
「ヨガは人生をもっとラクに、ハッピーに生きるためのツール」/Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION) 

「呼吸に意識を向けて、自分の体を感じなさい。意識がほかに向いたら呼吸に戻りなさい。ヨガの先生の教えに従って、ひたすらアーサナの練習を続けてきただけ。その結果、いつしか自分を客観視する力が、自然と身に付いていたことを知った瞬間でした」

Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)
Text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.61掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

野沢和香
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する