7人のヨガ賢者が語る「今、伝えたいヨガの精神」ヤスシ先生編

yoga Journal online

7人のヨガ賢者が語る「今、伝えたいヨガの精神」ヤスシ先生編

長くヨガに親しみ、指導者としても活躍し続けるティーチャーたちにとって、ヨガとはどのような存在なのでしょうか? 伝えていきたいヨガの精神、そして人生にヨガがどのように影響しているのかをじっくり語っていただきました。7人のヨガ賢者の5人目は、ヤスシ先生です。

♯CASE5「『あなたは、ここにいていい』とヨガで伝えたい

「ヨガが大人になってからの僕を育て、人生を教えてくれました」…そう語るヤスシ先生が、ヨガと共に30年近くを過ごしたのはニューヨーク。1987年、ダンス留学のために単身ニューヨークへ渡り、ヨガと出会ったのは1990年のこと。硬かった体の柔軟性を高めるため、ダンススクールのヨガ・プログラムを受けたのが始まりでした。

「その時にヨガを教えてくださった先生方が、とても素敵な大人たちだったんです。いわば、人生を自分自身で、パッチワークのように紡いできた人たち。ちょっとここはほつれているけれど、ここでいっぺん縫い直した、みたいにカラフルで、魅力的な生き方でした」

――当時は有名なダンスカンパニーで活躍したいとか、より多くの収入を得たいとか、キャリア志向が強かったというヤスシ先生。また、そういう履歴書に書くような内容でしか、人生の充実度や幸せは計れないと思っていたと言います。

「でもヨガの先生方を見ていて、ヨガの視点を通すと、もっと違う価値観を見いだせるようになるのかもしれないと思いました。30歳を目前にして自分を導いてくれるものを求めていた僕は、ずっとヨガのそばにいたい、いれば間違いないと感じたんです」

ヤスシ 国際ヨガの日
「自分の存在価値を繰り返し確認する作業がヨガです」/Photo by Shoko Matsuhashi

Photo by Shoko Matsuhashi
Text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.61掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ヤスシ 国際ヨガの日
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する