旅行中にプロップなしで「リストラティブヨガ」を実践する7つの方法

YJ US

旅行中にプロップなしで「リストラティブヨガ」を実践する7つの方法

旅行中はボルスターブランケットブロックもない? 問題ありません。プロップ(補助具)なしでも、最高にリラックスできるヨガプラクティスを可能にする方法を紹介します。

プロップスがなくてもOK!7つのリストラティブヨガポーズとは?

心を落ち着かせるリストラティブヨガを必要とする時、それは旅行中かもしれません。空港や駅は最終目的地へと急ぐ人々で混雑しています。売店やセキュリティチェックの行列は延々と伸び続け、無愛想な航空会社の職員やバスの運転手に一言投げ捨てる。でもそんなことはやめましょう。あなたのストレスレベルが急騰しているからそのような行動を起こしてしまうのです。旅行のストレスから体は休息を求めて消化を促し、その結果、血液は手足から消化器や生殖器へと流れ込みます。心拍数と呼吸が低下し、免疫システムは必要に応じて活発に働きます。

リストラティブヨガは、副交感神経系として知られる「休息と消化」機能を促すと言われるヨガスタイルの一種です。リストラティブヨガブロックボルスターブランケット、椅子、サンドバッグなどプロップをふんだんに使用して体を支えて行います。その穏やかな特徴から、がん患者や体のひどい痛みを抱える患者などに対して多くの医療現場で取り入れられています。体を支えることから、長時間ポーズを取ることが可能です。アクティブな姿勢を取る場合に比べ、受け身の姿勢でいる時に私たちはより深いリラックス状態に入ることができます。

しかし率直に申し上げましょう。リストラティブヨガは旅行のストレスに大変効果的である一方、大帝の人は混み合った機内や電車内の荷物置き場にボルスターやヨガブランケットを持ち込むことはないでしょう。それでは、どうしたら旅先でリストラティブヨガの恩恵を受けることが可能でしょうか?マットや数枚のタオルそして壁があれば十分です。

by Sarah Ezrin
Translated by Hanae Yamaguchi

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

がっせきのポーズ
スプタバッダコナーサナのバリエーション
ヴィパリータダンダーサナ
パスチモッタナーサナのバリエーション
スタンディング ツイスト
スプタパダングシュターサナ
ヴィパリタカラーニ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する