正月疲れを癒すリストラティブヨガのポーズ4選

YJ US

正月疲れを癒すリストラティブヨガのポーズ4選

やることのリストが山ほどあると、休暇のせいで精神的に参ってしまいがち。だから今すぐヨガが必要だ。

「人生の中に喜びと安らぎを求めて年間を通してヨガをプラクティスしているはず」とカリフォルニア州サンタモニカのリストラティブヨガティーチャーのレスリー・カザディは言う。「休暇になってその間ずっと喜びと安らぎにのめり込む。でも、ショッピングセンターでの買い物、空港への運転や休暇中の集まりで義理の両親の周りにいるのを想像するとき、そんな言葉は頭に浮かびません。ヨガはお祭り騒ぎをしているときの嵐の中の静けさなのです」

カザディはヨガジャーナルの読者が正月休みが明けて疲れが溜まっていても、休日にリラックスできるように20分間のリストラティブヨガシークエンスを特別に作成してくれた。「リストラティブヨガはストレス反応から抜け出してリラックス反応へと導いてくれるので、深く休んで元気を回復することができます」と彼女は説明してくれた。

リストラティブヨガ
時間:それぞれの姿勢を5分間行う。時間を決めれば、静寂の一瞬一瞬を味わい、呼吸の一定のリズムを辿り、存在する喜びを楽しむことに集中できる。

道具:このシークエンスはマット、ストラップ、ブランケット2枚、ボルスター、アイピローが必要。

Translated by Hiroe Humphreys

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

リストラティブヨガ
リストラティブヨガ
リストラティブヨガ
リストラティブヨガ
リストラティブヨガ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する