肝臓・脾臓を活性化!「蓮華座」が安定する3つのワーク

Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

肝臓・脾臓を活性化!「蓮華座」が安定する3つのワーク

体の硬さが壁となり、苦手になりやすいポーズ「パドマーサナ」(蓮華座)。硬さを克服する練習法からポーズの真の効果までを徹底的に解説! 人気ヨガインストラクターのHANAE先生に教えてもらいました。

パドマーサナ(蓮華座)とは

ポーズ名の由来:ヒンドゥー教の神、ヴィシュヌのへそから芽生えた蓮が花開き、創造の神ブラフマーが姿を現わし、宇宙の海が生まれる。その蓮の花を象徴するポーズ。
パドマ=蓮 アーサナ=ポーズ 蓮華座

ポーズの効果

右足のかかとで下腹部を刺激することで肝臓・脾臓を浄化し活性化。瞑想の姿勢でもあるため、雑念を取り払い、気持ちを静めて心を落ちつかせます。

体が硬い人の場合…足が組めない

股関節や太腿前面が硬いと、足が組みにくく骨盤が後に倒れて背中が丸くなりやすい。

NG
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
Text by Yasuko Ito Minako Noguchi
ポーズ名の由来解説 小野洋輔先生
yoga Journal日本版Vol.59掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

NG
pre1-1
pre1-2
pre2
pre3
1
2
3
easy
NG
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する