サッカー女子W杯のチャンプ、クリステン・プレスが「ヨガと瞑想」を続ける理由

(Photo by Michael Chang/Getty Images)

サッカー女子W杯のチャンプ、クリステン・プレスが「ヨガと瞑想」を続ける理由

2015年FIFA女子ワールドカップで優勝した際のアメリカ合衆国女子代表チームで、フォワードをつとめるクリステン・プレス。ヨガと瞑想が、アスリートとして活躍にどう役に立っているのか?インタビューに応えてくれた。

クリステン・プレスは26歳のプロサッカー選手。アメリカ合衆国女子代表チームで、フォワードをつとめる。合衆国女子代表は、2015年のFIFA女子ワールドカップで7月に優勝を決めている。プレスに、ヨガと瞑想が、彼女の生活において「雑念を鎮める」のにどう役に立っているのか、また彼女のアスリートとして活躍にどう役に立っているのか、たずねた。加えて、日に2回のヴェーダ瞑想の習慣についても語ってもらった。

ーー週に3回ヨガプラクティスを行っているそうですが、このことはサッカー選手としてのあなたの活躍にどう役に立っていますか?


ヨガプラクティスによって、私は前よりハッピーなサッカー選手になれたと思います。いろいろと考えてしまうと動けなくなることがあります。雑念のない状態でプレーすることができれば、私はもっと動けるし自然体でいられます。こうした雑念のない<無>の状態を、ヨガと瞑想によって身に付けました。合衆国女子代表チームの中心メンバーでも、キャンプの時に定期的にヨガプラクティスをしたりするんですよ。

ーートレーニングに活かしている特定のヨガポーズはありますか?また、その理由は?

トレーニングを目的としたプラクティスでいちばん重要なのは、股関節を開くポーズ、肩を開くポーズ、ハムストリングを伸ばすポーズです。こうしたポーズは、背中や腰のこわばりを取ってくれます。私はバランスを取るシークエンスが好きですね。木のポーズや戦士 III、半月のポーズといったポーズです。最近新たにウサギのポーズをやるようにしたんですが、これが首のこわばりを取るのにすごく効くんです。

Translated by Miyuki Hosoya

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

サッカー
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する