アスリートのパフォーマンスを向上!ケガを減らす4つのヒント

Getty Images

アスリートのパフォーマンスを向上!ケガを減らす4つのヒント

ランやテニス、ゴルフなど、スポーツをする人にとってケガはつきもの。だが、アメリカ・ポートランドのナイキ本社に勤務する鍼灸師でヨガティーチャーのティファニー・クルックシャンクは「少しの心掛けでケガのリスクを減らすことができる」と話す。今日からすぐにできる、ケガを減らす4つのヒントについて紹介する。

1.ミネラル補給

ケール
マグネシウム、カリウム等栄養豊富なケール(Photo by PIXTA)

スポーツドリンクを飲んで、汗で失われたミネラル(特にカルシウム、マグネシウム、カリウム)を補給し、筋肉痛などを防ごう。ワークアウト後は、マグネシウムやカリウムを多く含むチャードやケール、マスクメロンなどをとるといい。

2.休息

アスリート
(Photo by PIXTA)

筋肉組織は睡眠の間に癒えて再生されるので、 特に激しいワークアウトを行った日は、しっかり眠ること。

3.鎮痛

エプソムソルト
(Photo by Getty Images)

運動後は、温かいエプソムソルト・バスに浸かって疲れた筋肉をほぐし、硫酸マグネシウムを吸収しよう。痛みを和らげることができるはず。

4.ウォームアップ&クールダウン

アスリート
(Photo by Getty Images)

ウォームアップによって、徐々に筋肉への血流が増え、筋膜がこれから行う運動に応じて拡張しやすくなる。トレーニングや試合の前には、数分のウォーキングや、ウォームアップ用の短くてダイナミックなオンライン・ヨガレッスンを行うといい。そしてトレーニング後、最低20分はストレッチをしよう。

Text & model by Tiffany Cruikshank
Translated by Sachiko Matsunami

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

アスリート
ケール
エプソムソルト
アスリート
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する