【肩甲骨と胸は連動してる?】巻き肩と垂れた胸を解消するのに効果的な2つの方法

Adobe Stock

【肩甲骨と胸は連動してる?】巻き肩と垂れた胸を解消するのに効果的な2つの方法

須藤玲子
須藤玲子
2021-03-26

暖かい日が増え、上着がいらない季節がやってきました。厚手の服ではわからなかったけど、薄着になった途端、姿勢の悪さやたるんだ胸元が気になり始めた人はいませんか?今回はバストアップをテーマに、胸元を綺麗に見せるセルフケアの紹介です。巻き肩、猫背を始め、肩や首周りのコリが気になる人にもおすすめですよ!

胸元のたるみの原因とは

胸元がたるみ、バストが下がる原因は単純に筋肉の衰えだけではありません。一番の原因は肩甲骨が上がって肩が内側に入る巻き肩の姿勢です。まず、姿勢の乱れから起きる悪循環をチェックしてみましょう。

1肩甲骨が上がって背中が丸くなり、首がすくんで巻き肩になる

2胸が縮み、デコルテの皮膚がたるむ

3胸が下向きになり垂れる

いかがでしょうか?ドキッとする人もいるのではないでしょうか?巻き肩の姿勢は、胸の位置を下げる原因になるだけでなく、血流や、首や鎖骨のリンパの流れを悪くすることにも繋がります。バストアップしたいなら、まず肩を正しい位置に戻し、姿勢を整えることから始めましょう!

バストアップに効果的なセルフケア

バストアップに効果的なストレッチとマッサージ、2つのセルフケアを紹介します。ストレッチは気づいた時にいつでも、マッサージはお風呂上がりの体が温まった状態でやるのがおすすめですよ!

巻き肩解消!胸を広げるストレッチ

内側に入った肩を元の位置に戻すストレッチです。上がっていた肩甲骨が元の位置に下がり、動きも良くなるので、肩周りのコリや痛みにも効果的です。巻き肩で縮んだ胸元をストレッチしてバストアップを目指しましょう!

【やり方】

1.肩を下ろし姿勢を整え、両手を肩の高さに広げて立つ。

2.肩甲骨を下ろし中心に寄せて胸を開く。呼吸を深く繰り返しキープする。

3.左右に伸ばした両手を背中で組む。肩を下ろし更に肩甲骨を寄せ、腕を体から遠ざけて斜め下に伸ばす。呼吸を深く繰り返し、肩と胸を開いてキープする。

肩に力が入ってしまわないように注意しましょう。椅子に座ったままでもOKです。両手の高さも、無理のないところに調節してやってみて!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

AUTHOR

須藤玲子

須藤玲子

2005年にホットヨガと出会い、その後様々なスタイルのヨガを経験。会社員を経てヨガインストラクターになる。現在は、都内を中心にフィットネスクラブ、ホットヨガ、ヨガスタジオ、オフィス出張など多くの場でレッスンを実施。リストラティブヨガからパワーヨガまで、静と動のバランスを大切にヨガの指導を行う。ヨガと同様にアロマを伝える活動も行なっている。RYT200取得/フェイシャルヨガTT/骨盤底筋トレーニングヨガTT/リストラティブヨガTT/NARDアロマアドバイザー/yuica日本産精油スペシャリスト

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する