【初心者の疑問】返事してOK?レッスン中の「どうしたらいいかわからない」正解は

photo by Elly Fairytale/canva

【初心者の疑問】返事してOK?レッスン中の「どうしたらいいかわからない」正解は

高木沙織
高木沙織
2020-03-08

レッスンの最中、インストラクターが身体に触れて体勢を微調整していく“アジャスト”。実際に受けてみると、このアジャストの最中というのは、「どうしていればいいのかわからない」という人が意外と多いようです。なかには、インストラクターの言葉に元気よく、「はいっ!」と返事をしてしまう人もいるのですがこれってアリ?

アジャストの役割

ヨガにおける“アジャストアジャストメント)”は、アーサナを安全におこなうためだったり、身体にかかる負担を軽減させるためにおこなわれます。そして、生徒さん自身が身体への意識を高めるための手助けになるものであると言うこともできるでしょう。これは、アジャストを受けたときに、「あ、この体勢になると呼吸も身体も楽になる」というような感覚であったりもします。

方法としては、インストラクターが身体に触れてパーツの向きや力の入れ加減を正したり、言葉のみで誘導したりすることが多いのですが……そんな“アジャスト真っ只中”にいるとき、実のところ、「どうしていればいいのかわからない」と思っている人は少なくないようなのです。

みなさんは次のような言動に心当たりはありませんか?

返事をしてしまう

インストラクターがアジャストをするとき、無言の場合もありますが、「ここをもう少し伸ばしましょう」「肩の力を楽にして」などと言葉を発することが多いでしょう。

すると、条件反射的に、「はい」と答えたくなってしまう人もいるはず。

その気持ちよくわかりますが、基本的に返事はしなくてもよいでしょう。もちろん、「痛みはありませんか?」のような質問形式の場合は返事が必要になりますが。

レッスン中のアジャストに対して返事をしなかったからと言って、無視をしているような気分になる必要はありません。どうしても理解を示したいときはアイコンタクトや軽く頷く程度で十分です。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する