上から目線、アジャストが痛い…注意すべきヨガティーチャーとは

PIXTA

上から目線、アジャストが痛い…注意すべきヨガティーチャーとは

ヨガを好きになる人たちは、素敵な先生との出会いを経験しています。逆に、先生との出会い次第では、ヨガが嫌いになったり、苦しくなったりマイナスになってしまうケースも。アンケートで募った「こんな先生は要注意!?」エピソードをご紹介。思い当たるときは、クラスを変えることを検討してみては?

1.ボキャブラリーが少なく、指導がわかりにくい

注意すべきヨガティーチャーとは
(Illustration by Nana Suzuki)

擬態語を使いすぎたり、イメージで話したり…生徒さんに伝えることより、自分が語ることを重視しすぎて、独りよがりなレッスンになっている先生。レッスンのあとの「消化不良感」がすごそうです。

2.自分大好き、主役感が強すぎる

注意すべきヨガティーチャーとは
(Illustration by Nana Suzuki)

生徒さんが圧倒されてしまうほど、自己愛を前面に出してくる先生。心の距離は遠ざかるばかり…。

3.間違えると怒る、機嫌が悪くなる

ヨガは自分と向き合うものであり、何かと比べたり競うものではないはず。間違えると怒る先生なんて、言語道断です。

4.不幸そう、元気がない

注意すべきヨガティーチャーとは
(Illustration by Nana Suzuki)

ティーチャーも人間、とは言うものの…見るからに「不幸のオーラ」を発している先生は、生徒さんのほうが心配になり、見ているだけで疲れてしまいそうです。

5.口ばかりの指導で自分はやらない、プラクティスをしていないことがわかる

注意すべきヨガティーチャーとは
(Illustration by Nana Suzuki)

「ヨガは、入門はあっても卒業はない!」とは、綿本彰先生のお言葉。ティーチャーになっても日々の努力やプラクティスは大切です。プラクティスを続けていないティーチャーは、口先だけの指導になってしまいがち。

6.上から目線で考えを押し付けたり、ほかの流派の先生を否定する

 

7.容姿の良い人や常連など、お気に入りの人ばかりにアジャストする

注意すべきヨガティーチャーとは
(Illustration by Nana Suzuki)

 

8.丸暗記、棒読み、本心とは違うことを話していそうな違和感がある

自分の指導に自信が持てないのかも? そういった不安は、意外と生徒さんに伝わってしまうものです。

9.アジャストが痛い、怖い

「ヨガへの恐怖心」を植え付けてしまうことに。

Illustrations by Nana Suzuki
Text by Ai Kitabayashi
yoga Journal日本版Vol.43掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

注意すべきヨガティーチャーとは
注意すべきヨガティーチャーとは
注意すべきヨガティーチャーとは
注意すべきヨガティーチャーとは
注意すべきヨガティーチャーとは
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する