アジャストは必要か?ヨガ講師が議論すべきアジャストのメリット・デメリット

Getty Images

アジャストは必要か?ヨガ講師が議論すべきアジャストのメリット・デメリット

マインドフルネスなども指導するヨガティーチャーの鈴木まゆみ先生。彼女が経験したヨガクラス中の大怪我は、「ヨガを指導すること」について、改めて見つめなおすきっかけになったと話してくれました。ヨガを指導する者も指導される者も、今一度、ヨガを伝える/ヨガを学ぶということについて考えてみませんか?鈴木まゆみ先生による手記、3回にわけてお送りします。

アジャストってなんでしょう?

アジャストメントに関してはさまざまな意見が交わされるといいなと思います。何が正しいか、正義か!という答えを出すことで反対意見の人を攻撃することが目的ではなく、一人一人がちゃんと自分に当てはめて、自分で考えること。カッコ悪い答えでもいいから正直に考えたい。
強いアジャストをして生徒にあるメリットってなんでしょう?そもそも現代、普通に社会の中で生活を営んでいる私たち。いつもの日常生活にそんなビックリ人間みたいな股関節の可動域って必要なのでしょうか?
先生も人間だもの。そりゃ間違いをおこしたり、失敗することもありますよね。自分がまじめに学んできて信じて疑わなかったことが、もしかしたら間違っているかもしれない。これは誰にでも言えることだと思います。その場合もうしょうがない。ごめん、でしかない。
でも自分の承認欲求を満たすために生徒を利用しているとしたら?気づかずやっているのであれ、確信犯であれ。今自分がやっていることは本当に生徒のためなのか?ということを改めて考えたいものです。
そして現代のヨガシーンでは、生徒側にそれを見抜く力が必要です。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する