「先生と生徒」の恋愛、その是非:ヨガスタジオでの恋愛から考える

C.J.Burton

「先生と生徒」の恋愛、その是非:ヨガスタジオでの恋愛から考える

パワフルな教え、カリスマ性のあるインストラクター、受け入れる姿勢の生徒がスピリチュアルなコミュニティで出会うと、親密な関係へと発展することがある。だが、生徒と先生の関係が恋愛へと変わってもいいのだろうか? ヨガジャーナルが調査する。

ヨガスタジオで始まる恋愛

ヨガや瞑想のクラスのような、情動が高まり、強い身体反応が引き出される状況では、そのリラックス感や幸福感が、特定の人によってもたらされたものだと誤解されることがある

「餓鬼は、私たちの中の決して満足しない部分の象徴です」。瞑想のインストラクターが、人でいっぱいの瞑想センターの後方の席からこう言うのが聞こえた。当時私は、日本で1年間英語を教えた後、アメリカに帰国したばかりだった。仕事はなく、辛い結末を迎えた外国での初めての恋を引きずって苦しんでいた。そんな傷つきやすい状態の中、長いこと興味があった道へと引き寄せられるのを感じた。それは仏教だった。「これからもクラスに来てください」。その夜、帰路につくとき、インストラクターは私にこう言った。3週間後にメールでお茶に誘われたとき、私は面食らった。ネットで彼について調べると、彼のソーシャル・メディアでは、少し前に「交際中」から「パートナーなし」へと更新されていた。好奇心にかられ、数日後にはお茶のつもりで彼に会ったが、結局ディナーをともにすることになった。彼はハンサムでカリスマ性があった。惹かれる気持ちはあったが、戸惑いもした。彼は私の先生だったのだ。体を寄せてキスされそうになったとき、私はそれを拒んだ。「自分に合った瞑想グループを見つけるまで、長い時間がかかったの」私は言った。「それを台無しにしたくはないわ」。この男性が主宰していたのは、若く、クリエーティブなタイプの人たちが大勢集まる、自分が落ち着ける初めてのサンガだったのだ。ところが彼は引かず、私は同意し、あっという間に交際が始まった。愛、コミュニティ、そしてスピリチュアルなプラクティスの分かち合いには、とてもわくわくした。

Story by Sarah Herrington
Illustrations by C.J.Burton
Ttranslation by Yuko Altwasser
yoga Journal日本版Vol.57掲載

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する