真のリーダーシップとは|先駆者が問題視する「今のヨガ界」に足りない事

Christopher Dougherty

真のリーダーシップとは|先駆者が問題視する「今のヨガ界」に足りない事

ヨガ界を率いるリーダーについて考えてみよう。指導基準やセクハラ、インクルーシビティ(誰もが参加できること)、ボディポジティブ、ヨガの商業化などの議論が盛んになる一方で、何人かのベテラン指導者たちは消えていき、それに代わって新たな指導者たちが現れている。これらすべてに焦点をあてながら、今日の欧米ヨガ界で傑出した指導者に、リーダーシップについて話を聞くことにした。

ヨガの真のリーダーとは?

マティ・エズラティがカリフォルニア州サンタモニカにヨガワークスをオープンしたのは、わずか23歳の時だ。

彼女のビジョンはシンプルとはいえ画期的だった。誰もが興味を持てるような多様で高品質のクラスを取り揃えたヨガスクールをつくろうとしたのだ。1987年当時、どのヨガスタジオも一つの流派のヨガだけを教えるのが普通だった。だが、アイアンガーアシュタンガに影響を受けたエズラティは、複数の流派を学ぶ利点に気づいていた。

ヨガワークスはエズラティが立ち上げるや、瞬く間に週に120以上のクラスを展開し、1日700人以上を教えるスクールとなった。彼女は、今日活躍しているキャサリン・ブディグ、アニー・カーペンター、ショーン・コーンなど数多くのヨガティーチャーたちも指導した。2004年にヨガワークスを売却したものの、今なお世界中で教え続けており、ヨガコミュニティの真のパイオニアとみなされている。

今回エズラティは彼女が考えるリーダーシップ論を語ってくれた。彼女がリーダー的立場になった経緯や、商業化されたヨガの危険性、ソーシャルメディアでもてはやされるヨガ練習生たちについて、そして、私たち自身もリーダーを目指すにはどう学べばいいかを話してくれた。

 真のリーダーシップとは|先駆者が問題視する「今のヨガ界」に足りない事
photo by Christopher Dougherty

interview by Andrea Ferretti
photos by Christopher Dougherty
model by Maty Ezraty
hair&make-up by Marine Vaisset
translated by Sachiko Matsunami
yoga Journal日本版Vol.64掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

 真のリーダーシップとは|先駆者が問題視する「今のヨガ界」に足りない事
 真のリーダーシップとは|先駆者が問題視する「今のヨガ界」に足りない事
 真のリーダーシップとは|先駆者が問題視する「今のヨガ界」に足りない事
 真のリーダーシップとは|先駆者が問題視する「今のヨガ界」に足りない事
 真のリーダーシップとは|先駆者が問題視する「今のヨガ界」に足りない事
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する