生徒を傷つけているかも?ヨガ指導で気をつけるべき4つのポイント

YJ

生徒を傷つけているかも?ヨガ指導で気をつけるべき4つのポイント

ヨガティーチャーたるもの、なんだか時代遅れな教え方には敏感になるだろう。でも、ジェンダー、能力、人種、社会的地位、年齢を差別する言葉使いをしないようには心がけているだろうか?この記事を読んで、レッスン中の言葉遣いを見直してみよう。

教え方が分かりにくかったり、人体の構造について誤解を招くような言い回しだったりすると、ヨガティーチャーも生徒さんも、すぐに分かるだろう。例えば、三角のポーズのときの2枚のガラス板の間で行うイメージで、という指導の仕方がまさにそれだ。だが、ジェンダー、能力、人種、社会的地位、年齢を差別する言葉遣いをしていたとしても、すぐには気づかないだろう。ここでは、知らず知らずのうちに生徒さんを傷つけてしまっている、レッスン時の教え方4パターンとその改善方法をお伝えする。アヒムサー(非暴力)の教えを意識すれば、ヨガティーチャーも生徒さんもお互いに尊重し合った居心地のいいレッスンができるだろう。

レッスン中にやりがちな4つのNGパターンと改善案

1.ポーズの勝手なランク付け

「次は、今とったポーズの完成形を行います。」「このポーズの完成形は○○です。」


改善案:ポーズに格付けをするのではなく、このように話してみては?「今のポーズの異なるバリエーションは、○○です。」「もし違うバリエーションに挑戦したいなら、こちらのポーズがお勧めです。」
無意識の偏見に気付くためには、自らのヨガと向き合ってみよう。ヨガポーズに勝手なランク付けをしてはいないだろうか。ヨガポーズに優劣はない。ポーズの説明をするとき、「完成形」という言葉を使っていない?でも、「完成形」という言葉を聞いたら、そのポーズができない生徒さんはどう思うだろうか?自らのヨガプラクティスと向き合ったぶん、無意識のうちに偏見というフィルターを通していることや、生徒さんに対してどんな話し方をしているかに気づくだろう。

 

2.理想のボディイメージの押し売り

「このポーズはおなかの脂肪に効きますよ」「さあ、動いて休日食べ過ぎた分を無かったことにしましょう!」

改善案: ヨガや体型について話すときは、どんな言葉を使って話しているか意識してみよう。自分の持つヨガとボディの理想像を生徒さんに押し付けてはいないだろうか。今行っているヨガポーズと、自分の体にしっかりと向き合ってみて。ダイエットや、サイズダウンばかりに焦点をあてて話すのはやめよう。体型は非常に個人的な事柄だからだ。生徒さんの体型に口出しするなんて、ヨガティーチャーとしてあるまじきこと。また、どんな生徒さんがレッスンに参加しているかも必ずチェックしておきたい。個々の生徒さんの体型の違いを考慮した指導の仕方を目指そう。

Translated by Yuriko Takeichi

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する