ヨガ起業家必見!「スタジオ経営」成功の秘訣とは?

Paul Miller

ヨガ起業家必見!「スタジオ経営」成功の秘訣とは?

LIZ KRIEGER
LIZ KRIEGER
2018-05-29

ヨガスタジオを開いて成功させるには何が必要か考えたことがあるだろうか。第一級のヨガ指導者から経験に裏付けられたアドバイスを受けながら、ヨガに打ち込むカップルがヨガスタジオを開設するまでの経緯を追ってみよう。

ブリー・ガリシナオとアリシア・ヘンドリックスはカリフォルニア州サンタ・バーバラに今まさにヨガスタジオをオープンしようとしている。ところが、細部の調整が難しく、一筋縄ではいかないのだ。

「単に始めるだけで大変でした。会計担当者と一緒に銀行に行き、不動産物件の賃貸意向書を提出し、著作権について詳しく調べ、建築請負業者や設備の納入業者と連絡を取り…  スタジオ用の物件を探すだけで、丸1年かかりましたよ」とガリシナオは話す。(この記事が発表される時点でも、ガリシナオとヘンデリクスは、2018年4月のオープンを目指して、いまだに賃貸契約の交渉を行っている。)ガリシナオとヘンデリクスのふたりは共に、ティファニー・クルクシャンクの指導を受けたYoga Medicineのティーチャーであると同時に、全米スポーツ医学アカデミーの正式な資格を有したパーソナルトレーナーであり、カリフォルニア大学サンタ・バーバラ校のソフトボールチームのコーチも務めている。ふたりは数年前から自分たちのヨガスタジを開きたいと考えていたが、ふたりそろって頭部の怪我からヨガによって回復を果たして以来(ソフトボールはほんとうにソフトというわけではないのだ)、その気持ちが確かなものになった。

ヘンデリクスは2年前、打撃練習用のバッティングケージで投球していたところ、ライナーがケージに跳ね返って、額を強打した。脳震とう、そしてのちに脳震とう後症候群と診断され、数ヵ月にわたって体力の低下に苦しんだ。ヘンデリクスはこのように回想している。「連日、ひどい頭痛に吐き気、めまい、認知機能の低下に苦しみました。最もつらかったのは、どうしたらこういった症状を改善できるのか、いつになったら回復するのか、まったく示してもらえなかったことです。医師の能力には限界があったし、保険会社は客観的な証拠や検査結果を求めようとしました。友人たちも私がどのくらい苦しんでいるのかわからなかったようです。一見するとまったく悪いところがないように見えたからです。」熱心にヨガを行っていたヘンデリクスは、呼吸法と幾つかの座位のポーズを組み合わせたルーティンを始めることにした。少しずつ体調が回復していって、1時間の練習をできるまでになった。「6ヶ月間は運動といえばヨガしかできませんでした。ひどく緊張している部分に息を入れながら、心拍数を下げて、頭痛を軽減させることができました。特に呼吸法によって、私の出発点ができたというか、体をリセットできました。そして、回復の過程で浮き沈みがあってもいいのだと思えるようになりました。また、ヨガで自分の限界を試すこともできましたし、脳のリハビリもできました。そのおかげで情報を処理して、怪我をする前の速さで話せるようになりました」とヘンデリクスは語った。

ヘンデリクスがソフトボールの練習中に脳震とうを起こした後のことだが、昨年の春にはガリシナオも同じような経験をした。「ヨガが回復に役立ちました。ヨガのおかげで、いらいらしたり、疲れたり、光と音に対する過敏症が軽減しました。この過敏症は屋外スポーツの指導者には特に厄介でしたよ。」

ふたりは今、頭部に外傷を負ったスポーツ選手のほか、メンタル面の改善を望む人や脳の機能全般を改善させたいと考えている人にヨガを届けようと決めている。ふたりは自らの回復過程で、医療の分野(神経科医とそのほかの脳外傷を扱う医療従事者の間)の架け橋になるものや、スポーツ選手の復帰を助けられるものが限られていることを実感し、自分たちならこの現実的なニーズを満たすことができるはずだと考えた。10年以上に及ぶ経験に裏付けられた運動に関する知識と、サンタ・バーバラで脳外傷を扱う医療関係者との深いつながり、さらにはヘンデリクスの広範囲に及ぶビジネス経験(ヘンデリクスはアップルとタイガー・ウッズ・ファンデーションに財務担当者として勤務していた)を武器に、MindShift Studioを開く計画を進めている。ヨガとサイクリングのほか、特別な体力強化と調整トレーニングを提供するスタジオになる予定だ。特に、ヨガのクラスでは、バランスのポーズと呼吸法によって認知機能を高めることに重点が置かれる。また、室内でできるサイクリングも提供する計画を立てている。というのも、ふたりはサイクリングが心肺機能を高めて、脳震とう後症候群を悪化させずに脳に血液を届ける安全な方法だと考えているからだ。路上でのランニングやサイクリングでは頭部が上下に弾むのに対して、頭部が静止しているためだ。

スタジオの狙いについては自信があるふたりだが、スタジオを成功させるためには学ぶべきことがたくさんあることを承知している。ヨガジャーナルは今回、ふたりを応援するべくビジネス経験が豊富のヨガ指導者たちの力をお借りした。ふたりの事業計画に目を通してもらい、次の段階にすべきことについて指導してもらったのだ。みなさんもこれを読んで、スタジオを開設するには何が必要で、ビジネスを始める時に何が最も賢明な選択なのか理解を深めていただきたい。

Translated by Setsuko Mori

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

成功の秘訣
成功法
成功法
成功法
成功法
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する