「商社の営業マンを完走。次は、ヨガで目の前にいる人を幸せに」|高野真利さんの転身ストーリー

Shoko Matsuhashi

「商社の営業マンを完走。次は、ヨガで目の前にいる人を幸せに」|高野真利さんの転身ストーリー

生徒さんから圧倒的な支持を集め、メディアやイベントでもひっぱりだこのヨガ講師たち。そんな彼らに共通しているのは、「セカンドキャリア」としてヨガ講師を選んでいるということ。彼らの転身までの背景を知ることは、「どうしてヨガ講師として成功できたのか」に結びついているに違いない、そんな思いからスタートした企画。異業種からヨガ講師へ転身した彼らの、決意、行動、思いから、「本当に良いティーチャーとは」という講師の素質にも迫ります。

♯CASE3「大手総合商社営業」からヨガ講師への転身ストーリー

凛としたまなざしの奥に芯の強さがうかがえるヨガ講師、高野真利さん。前職は大手総合商社で男性と肩を並べて働く営業マン。ハードワークをいとわない働きぶりと女性ならではの細やかな気配りで取引先からの信頼は厚く、凄腕営業といわれた時代も。収入や実績にしがみつかず潔く退社をできた理由は? 転機の見極め方、ヨガ講師の仕事を軌道にのせた行動力、営業職で培った「相手のニーズを読む力」など、ヨガ講師としてフリーランスで活躍するために必要な「スキル」を探ります。

――ヨガ講師になる前は、どんな職業をされていたのですか? また、ヨガに出会ったきっかけを教えてください。

「商社で繊維部門の営業を担当していました。どんな仕事かというと、アパレルメーカーと洋服の作り手の間に立ち、生地の調達、サンプル出し、生産、納品まであらゆる業務をこなしていました。営業は圧倒的な男性社会なので、取引先から『女性の営業マンで大丈夫?』と冷ややかな視線を浴びるなんて日常茶飯事。男性と同等の仕事量をこなす一方、女性ならではの視点や気配りを行き届かせ、取引先と少しずつ信頼を深め仕事を任せてもらうことにやりがいを感じていました。仕事は忙しく深夜の帰宅は当たり前。そんな生活だから運動不足になり、ダイエットを兼ねて体を動かそうと始めたのがヨガでした。初めて体験したのはホットヨガ特にレッスン中に先生が言った、『頑張らなくていいんだよ』という一言が印象的でした。それまでは会社では頑張って当然、頑張らないことが許される世界があることにびっくりしたんです。そうは言ってもヨガは趣味の範疇、そのときはまだヨガ講師を目指すつもりはありませんでした」

高野真利
Photo by Shoko Matsuhashi

Photos by Shoko Matsuhashi
Text by Ai Kitabayashi
撮影協力:ALOHA SALADS cafe 六本木1丁目店

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

高野真利
高野真利
高野真利
高野真利
高野真利
ヨガイベント
高野真利
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する