「秘書の経験が、相手の立場を理解して動く原動力に」|磯沙緒里さんの転身ストーリー

Shoko Matsuhashi

「秘書の経験が、相手の立場を理解して動く原動力に」|磯沙緒里さんの転身ストーリー

生徒さんから圧倒的な支持を集め、メディアやイベントでもひっぱりだこのヨガ講師たち。そんな彼らに共通しているのは、「セカンドキャリア」としてヨガ講師を選んでいるということ。彼らの転身までの背景を知ることは、「どうしてヨガ講師として成功できたのか」に結びついているに違いない、そんな思いからスタートした企画。異業種からヨガ講師へ転身した彼らの、決意、行動、思いから、「本当に良いティーチャーとは」という講師の素質にも迫ります。

♯CASE11「秘書」からヨガ講師への転身ストーリー

ヨガを指導する磯沙緒里さんは、生徒に寄り添い導く「併走者」といった印象。主役を買って出るわけではない控えめに映る存在でありながら、どうして多くのヨギを引き付けるのでしょうか。華やかさやカリスマ性に頼らずとも人気講師になった理由を、ファーストキャリアで培った経験に学びます。

――ヨガ講師になる前は、どんな職業をしていたのですか?

秘書をしている時代が長く、今も第一線で活躍されている女流作家のもとで働いたこともあります。秘書の仕事はスケジュール管理や事務全般、取材や撮影現場の立ち会いなど多岐に渡り、現場では作家とクライアントの間に立ち、場の空気感を壊さずに双方が満足する臨機応変な対応が求められました。その後、大手企業の社長秘書を経験し、柔軟性が求められた作家の秘書から一変、業界特有のルールの中で行動しなければならず最初は戸惑うことも多かったです。例えば、メールの文面や着用するスーツの色にも「こうでなければならない」というルールがたくさんあり、まずはそれらを覚えることが仕事と言ってもいいくらい。とにかく厳しい決まり事の中で仕事をしていました。

磯沙緒里
Photo by Shoko Matsuhashi

Photos by Shoko Matsuhashi
Text by Ai Kitabayashi

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

磯沙緒里
磯沙緒里
磯沙緒里
磯沙緒里
磯沙緒里
磯沙緒里
磯沙緒里
磯沙緒里
ナイトグラスヨガ
磯沙緒里
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する