「ヨガ大好き」を仕事にする!ヨガインストラクターになるには?

Getty Images

「ヨガ大好き」を仕事にする!ヨガインストラクターになるには?

KANA ITO
KANA ITO
2018-05-12

ヨガを始めて数年、生活にもヨガが欠かせなくなり、精神的にも肉体的にもヨガによる自分の変化を感じてくると、いつしかヨガインストラクターの資格を取りたい!と思い始める人も多いのではないでしょうか。今まで積み上げてきた経験とヨガを上手に活かして、自分らしい働き方を見つけてみませんか?

ヨガインストラクターの資格って?

まず、ヨガインストラクターになるにはどうしたらいいの?という疑問から。ヨガインストラクターの資格は国家資格等ではないので、絶対に資格がないと教えられない、というルールがあるわけではありません。しかし、ヨガのポーズの形を知っているだけでは、教えるのに十分とは言い難いのも事実。体についての解剖学的知識やヨガの哲学、ヨガに関連してアーユルヴェーダの知識など、ヨガの学びは多岐にわたり、いま現在ヨガインストラクターとして活躍されている方々でも、常に学び続けているというほど「生涯を通じて学んでいくもの」です。そのため、ほとんどのヨガインストラクターは、ヨガスタジオやヨガインストラクター養成学校で、養成講座等を受講しています。

資格取得の道は大きく2つ

ひとつめは、ヨガスタジオ等が独自で持っているヨガインストラクター養成プログラムを卒業すると、認定証をもらえるというもの。流派やそのスタジオのこだわりによって、カリキュラムや認定を貰えるまでのトレーニングの時間も異なります。学校によっては、レベル1、2、3、といったように段階を分けているところや、各分野の専門家を招いて講座を複数組み合わせることで、1つの養成講座としているところもあります。

もうひとつは「全米ヨガアライアンス」という世界でもっとも知名度のあるヨガ協会が認定したプログラムを、認定された学校や先生から学び、「全米ヨガアライアンス認定ヨガ指導者」の資格を取得すること。(認定資格を得るには、養成講座卒業後に申請が必要です)。現在活躍しているヨガインストラクターの多くは、この全米ヨガアライアンス認定の講座を卒業しています。

どうやってスタジオを選べばいいの?

ヨガインストラクターの資格を取れる場所はたくさんあるけど、どこのスタジオがいいの?と迷ったら、通いやすいスタジオの資料請求をしてみたり、説明会に参加することがオススメ。知識がない状態だと値段だけで比較しがちですが、スタジオが力を入れていることもそれぞれ違ったり、講師の得意分野によって学ぶ内容が違ってくることがあります。仕事をしながら週末だけ通学して資格を取れるコースもあり、その場合は通えるスケジュールも大きな要因になるでしょう。

自分に合った養成講座を受講しよう!

ヨガインストラクターの講座は、決して安くはありません。自分の習っている先生に聞いたり、それぞれのスタジオのスタッフさんに聞いたりして、じっくりと自分に合う講座を選びたいですね。ただ、どのコースを選んでも一期一会の運命。必ず学びはあり、絶対に後悔することはないでしょう。

 

ヨガが大好きだけど、資格取得に迷っている…。ヨガを深めるには、ヨガインストラクターの道しかないの?と思った方は、「ヨガを理解するにはインストラクターの道しかない?」も合わせてチェックしてみてはいかがでしょうか。ヨガインストラクターの資格を取った後の道も知りたい方はこちらもオススメです。

たった200時間のトレーニングでヨガ指導者になれるのか?YTTの実態と問題に迫る

完全保存版 良いヨガインストラクターになるには

 

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する