ケン・ハラクマ先生が解説!わかるようでわからない「バンダ」を理解しよう

Nobuhiro Miyosh(RELATION)

ケン・ハラクマ先生が解説!わかるようでわからない「バンダ」を理解しよう

体内を流れるエネルギーを、きちんと活用できるようになる「バンダ」は、ヨガのポーズが安定するだけでなく、エネルギーの巡りを良くしてくれます。とはいえ正直「バンダがよくわからない」「バンダを引き締めるって?」と疑問に思う人も多いはず。アシュタンガヨガの第一人者ケン・ハラクマ先生に、バンダとは何か、さらにバンダを引き上げる練習方法を教えてもらいました。

バンダとは:体内エネルギーを調整し、所定の方向へ導くこと

3つの場所(会陰部、へその下、喉)の引き締めにより、エネルギーをコントロールするテクニック。引き締めはぎゅっと固めるのではなく、柔軟に引き上げるのがコツ。

バンダ」とは「締めつけ」を意味し、主に会陰部ムーラバンダ、へそ下にあるウディヤナバンダ、喉にあるジャーランダラバンダの3つを指します。適切に動かすことでエネルギーを増幅、所定の方向へ導き、循環させます。ポーズが安定し、体が芯から温まってくる感覚も味わえます。

バンダ
(illustration by Nana Suzuki)

バンダ」とは「締めつけ」を意味し、主に会陰部ムーラバンダ、へそ下にあるウディヤナバンダ、喉にあるジャーランダラバンダの3つを指します。適切に動かすことでエネルギーを増幅、所定の方向へ導き、循環させます。ポーズが安定し、体が芯から温まってくる感覚も味わえます。

注意:生理前や生理中は、体の負担になるのでムーラバンダを強く使い過ぎないように注意しましょう。

ケン・ハラクマからのアドバイス:「バンダでエネルギーを沸かして活力をキープ!」

ケン・ハラクマからのアドバイス
(illustration by Nana Suzuki)

バンダを意識すると軸が安定すると同時に、体のエネルギーをコントロールできます。まずムーラバンダが下から着火してエネルギーを沸かせ、下に漏れ出さないように弁を締めながら上に引き上げます。湧き上がったエネルギーは次にウディヤナバンダで体の中心に集められ、ジャーランダラバンダで上から抜けないようフタをします。バンダはこうした圧力釜のような仕組みで、3つを連動させて体内のエネルギーを活性化させ、キープし、滞りを流す役目も果たしています。

Photos by IKKEN URAKAWA
Nobuhiro Miyosh(RELATION)
Hair&make-up by Kousuke Hori (+ nine)
Model by Yoko Melody
Illustrations by Nana Suzuki
Text by Ayako Minato
yoga Journal日本版Vol.43掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ケン・ハラクマからのアドバイス
バンダ
バンダ
バンダ
バンダ
ジャーランダラバンダ
ジャーランダラバンダ
ジャーランダラバンダ
バンダ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する