美しすぎるアーサナ写真で鍛えるべきパーツがわかる!憧れの高難度アシュタンガポーズ5選

Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

美しすぎるアーサナ写真で鍛えるべきパーツがわかる!憧れの高難度アシュタンガポーズ5選

アシュタンガヨガは、決まったポーズを呼吸と動きを連動させて順番通りに行うスタイル。美しいポージングに定評のある柳本和也先生が、高難度の美麗アーサナを魅せてくれました。

1.チャコーラーサナ

柳本和也先生
(Photo by Nobuhiro Miyoshi)

HOW TO

ダウンドッグの姿勢から片足を肩の上に回し、もう一方は手の間に伸ばして座る。肩に乗せた足を頭の後ろにしっかり掛ける。背中をまっすぐ伸ばし、両手でお尻を持ち上げて全身をリフトアップする。もう一方の脚は力強くまっすぐ上へ伸ばす。

特に使う筋肉:腕、上げているほうの脚

2.サマコーナーサナ

柳本和也先生
(Photo by Nobuhiro Miyoshi)

HOW TO

両脚をできるだけ180度に近い角度で開脚。骨盤を立たせ、両脚が地面を押す反動で背中をまっすぐ引き上げることを意識。余分なところには力を入れず、両脚背中の筋力で正しい姿勢をキープ。

特に使う筋肉:背中、両脚

3.アシュターヴァクラーサナ

柳本和也先生
(Photo by Nobuhiro Miyoshi)

HOW TO

ダウンドッグの姿勢から、両手はついたまま前にジャンプし、両足で片手をはさみ横に伸ばす。肘をチャトランガのように曲げて、前方へ胴体を傾ける。

特に使う筋肉:脚、手、背中

4.バイラヴァーサナ

柳本和也先生
(Photo by Nobuhiro Miyoshi)

HOW TO

ダウンドッグから、両手はついたまま前にジャンプして片足を肩の上に回し、もう一方は手の間に伸ばして座り、肩に乗せた足を頭の後ろにしっかり掛ける。両手を床についてジャンプし、前に伸ばしている脚を後ろへ伸ばし、頭の後ろにかけている脚側の手に重心をのせお尻を上げる。軸足で力強く地面を踏み、反対側の手はまっすぐ上へ。目線は伸ばした手の指先に。

特に使う筋肉:腕、脚

5.ウールトゥバ クックターサナA

柳本和也先生
(Photo by Nobuhiro Miyoshi)

HOW TO

ダウンドッグから手のひらと頭の3点でヘッドスタンドをする。そのまま脚を右脚から蓮華座に組み、膝をゆっくり下ろして上腕にぴったりつける。呼吸とともに体を静かに引き上げ、手のひらで地面を力強く押しながら頭を上げる。

特に使う筋肉:腕、背中、お腹、肩まわり

教えてくれたのは…柳本和也先生

柳本和也先生
「上級ポーズも日々の練習の延長線上です」(Photo by Nobuhiro Miyoshi)

バリでヨガに出会い、日本のアシュタンガヨガの第一人者ケン・ハラクマに師事。ヨガ指導のほか、イベントへの参加、国内外でのリトリート開催など幅広く活躍中。神奈川・辻堂でudaya yoga studioを主宰。

Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
Text by Hiroko Suzuki
yoga Journal日本版掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

柳本和也先生
柳本和也先生
柳本和也先生
柳本和也先生
柳本和也先生
柳本和也先生
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する