「前職の経験から肩書きの先を熟考。ヨガを通して、喜びに貢献したい」|キミさんの転身ストーリー

Yugo Numata

「前職の経験から肩書きの先を熟考。ヨガを通して、喜びに貢献したい」|キミさんの転身ストーリー

生徒さんから圧倒的な支持を集め、メディアやイベントでもひっぱりだこのヨガ講師たち。そんな彼らに共通しているのは、「セカンドキャリア」としてヨガ講師を選んでいるということ。彼らの転身までの背景を知ることは、「どうしてヨガ講師として成功できたのか」に結びついているに違いない、そんな思いからスタートした企画。異業種からヨガ講師へ転身した彼らの、決意、行動、思いから、「本当に良いティーチャーとは」という講師の素質にも迫ります。

♯CASE8「デザイナー」からヨガ講師への転身ストーリー

ヨガインストラクター育成のためのさまざまなコースの企画やディレクション、指導に関わるキミ先生。監修したアプリ『寝たまんまヨガ 簡単瞑想』が200万ダウンロードを超える大ヒットを記録したヒットメーカーでもあります。学生時代から憧れていたテキスタイルのデザイナーからヨガ講師に転身するまでのストーリー、前職の経験を生かしたレッスン展開、ヒットを生み出すヒケツ、自身の経験からヨガ講師を目指す人へのアドバイスなど、これからヨガ講師を目指す人に必要な“ビジョン”を教えていただきました。

——ヨガ講師になる前は、どんな職業をされていたのですか?また、ヨガに出会ったきっかけを教えてください。

アパレル業界で、テキスタイルのデザイナーをしていました。アパレルメーカーからオーダーされた洋服の素材や糸、染め方などを決め、生地を完成させていくことが、テキスタイルデザイナーの仕事で、専門的な知識が求められる職人の世界でしたね。デザイナー職は、学生の頃から真剣に目指していましたが、今、思うと、デザイナーという肩書きに憧れていたように感じます。だから、キャリアアップするにしたがい、向いてないって気づいてしまって…。これからの人生、デザイナーとしてクリエイティビティを研ぎ澄ますべきか、あるいはキャリアチェンジするべきか。自分の頭の中を整理して答えを見つけたいと思い、独学で瞑想を始めました。

——ヨガを始める前に、瞑想を学ばれたのですね。キャリアチェンジを決められたのは、瞑想を重ねた結果ですか?

そうですね。でも、デザイナー職が向いてないと気づきながらも、自分から会社を辞めると言い出す勇気がなかったんです。異動の辞令が出たら辞めようと思い、瞑想しながら「異動になりますように」って半年ほど祈っていたら、異動の話が持ち上がり、辞める決心がつきました。ヨガに出会ったのは退職後です。瞑想を深めるために単身インドへ行き、そこで初めて三角のポーズをとって衝撃的でした! 体の中にエネルギーが流れるのを感じ「これはすごい!!」と思い、それから瞑想とともに、ヨガもライフワークになりました。でも、そのときは、自分がヨガ講師になるとは思ってもいませんでしたね。

キミさん
Photo by Yugo Numata
キミ
瞑想を始めたのはデザイナー時代に読んだ本がきっかけ。瞑想を取り入れているアーティストの記事を読み「心をクリアにすれば没頭すべき仕事が見つかるはず」と信じ、5年間独学で練習

Text by Minako Noguchi
Photos by Yugo Numata

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

キミ
キミさん
キミさん
キミさん
キミさん
キミさん
キミ
キミ
キミ
キミ
キミ
キミ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する