「アパレル店員からヨガ講師に。変わらないのは人を輝かせたい思い」|佐藤ゴウ先生の転身ストーリー

Sayaka Ono

「アパレル店員からヨガ講師に。変わらないのは人を輝かせたい思い」|佐藤ゴウ先生の転身ストーリー

生徒さんから圧倒的な支持を集め、メディアやイベントでもひっぱりだこのヨガ講師たち。そんな彼らに共通しているのは、「セカンドキャリア」としてヨガ講師を選んでいるということ。彼らの転身までの背景を知ることは、「どうしてヨガ講師として成功できたのか」に結びついているに違いない、そんな思いからスタートした企画。異業種からヨガ講師へ転身した彼らの、決意、行動、思いから、「本当に良いティーチャーとは」という講師の素質にも迫ります。

♯CASE2「アパレル店員」からヨガ講師への転身ストーリー

佐藤ゴウ先生は、YMCメディカルトレーナーズスクールを代表するヨガ講師。レギュラークラスはもちろん地方で開催するイベントも盛況で、その知名度はもはや全国区。男性限定の「男ヨガ」を立ち上げ、女性中心だったヨガ界に新しい風を吹き込んだ立役者でもあります。洋服の販売員からヨガ講師に転身するまでのストーリー、現在の謙虚な人柄からは想像できない新人時代の失敗談。生徒と向き合う姿勢、ヨガ講師を目指す人へのアドバイス、「男ヨガ」ムーブメントを生み出した考えなど、“これからのヨガ講師”に必要な視点を教えていただきました。

――ヨガ講師になる前は、どんな職業をされていたのですか? また、ヨガに出会ったきっかけを教えてください。

「おしゃれが大好きで、20代はずっとアパレル業界で洋服の販売員をしていました。個性的で目立つほど一目置かれ、売上がある人が支持される、そんな世界に身を置いていました。ヨガに出会ったのは31歳。当時のパートナーのすすめでヨガスタジオに行き、リラックスヨガをしたのが最初のヨガ体験です。ヨガは美容にいい女性のためのメソッドという印象があり、あまり乗り気ではなかったですね。ところが75分のクラスが終わりシャヴァーサナから目覚めた時、気分がふわっと軽くなり、ものすごく温かい気持ちになったんです。そこからヨガにハマりました。実はヨガに出会う前に、一年位誰とも会わず自分が生まれてきた意味なんかを考え欝々としていた時期があって……。そんな時期にヨガに出会ってプラクティスを続けるうちに、自己肯定が苦手で誰かに褒められないと落ち込んでしまう、自分は人から評価されたい承認欲求のかたまりだったと気付かされたんです。自分を客観的に受け入れ、視界が開けていく感覚も衝撃的でした」

佐藤ゴウ
Photo by Sayaka Ono

Photos by Sayaka Ono
Text by Ai Kitabayashi

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

佐藤ゴウ
佐藤ゴウ
佐藤ゴウ
佐藤ゴウ
佐藤ゴウ
佐藤ゴウ
佐藤ゴウ
佐藤ゴウ
男ヨガ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する