19年に及ぶ「人生の暗闇」から学んだこととは|陰陽ヨガの提唱者ジャネット・ラウ インタビュー

SHOKO MATSUHASHI

19年に及ぶ「人生の暗闇」から学んだこととは|陰陽ヨガの提唱者ジャネット・ラウ インタビュー

2月にワークショップのために来日した、香港の人気ヨガティーチャー、ジャネット・ラウさん。2009年からヨガフェスタやワークショップ、TTなどで来日し、日本にも多くのファンがいるジャネットさんに、自身が提唱する陰陽ヨガや最新の著書についてお話を聞きました。

――ジャネットさんが提唱する陰陽ヨガとはどんなヨガでしょう?

ジャネット・ラウ(以下、ジャネット):陰陽ヨガは陽的要素の強いヴィンヤサと陰的要素の強い陰ヨガを融合させ、心身の状態にあわせて組み立てていくヨガです。アラインメントの正しさを追求するよりも、エネルギーの流れを重視したポーズで、フローを構成。よって難しいポーズはほとんど行いません。

ジャネットラウ
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

私はパワーやアシュタンガといった体をアクティブに動かすヨガからスタートし、その後、陰ヨガに出会いました。約14年間、両方のスタイルのプラクティスを重ねていくなかで、パワーやアシュタンガをやりすぎると競争心が煽られる自分に気づき、陽と陰を融合させることにたどり着いたのです。

Photos by Shoko Matsuhashi
Text by Kyoko Nagashima(Lush!)

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ジャネットラウ
ジャネットラウインタビュー
ジャネットラウ
ジャネットラウ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する