体の隅々に呼吸を送って温まる!冷えやすい人のための陰陽ヨガ4つのポーズ

PIXTA

体の隅々に呼吸を送って温まる!冷えやすい人のための陰陽ヨガ4つのポーズ

陰陽ヨガは、香港在住のヨガティーチャー、ジャネット・ラウが提唱する、新しいヨガスタイル。ヴィンヤサヨガをベースに、心身の状態やニーズにあわせて陰ヨガや禅の教えを取り入れた、バランスを整えるメソッドです。話題の「マインドフルネス」を用いるところも魅力。今回ご紹介するのは、深いリラックスをもたらす「陰のフロー」。疲れやすい人、代謝を高めたい人は、陰のフローのあとに陽のフローを行うことをおすすめします。

陰のフローで体の隅々に呼吸を送りましょう!

集中力がない、頭の中に邪念が溢れているときには陰ヨガを。時間をたっぷりかけてホールドし、筋膜や靭帯、腱に働きかけ深くストレッチしていきます。心にも働きかけ、穏やかで落ち着いた精神を取り戻す効果が。リラックスし、必要最小限の力で行いましょう。とくに、ストレッチしている間は、こわばりを感じる部位に呼吸を送るイメージで行うと、良い効果が得られます。

1.ドラゴン

陰陽ヨガのフロー
Yoga Journal

右足を前に踏み出し、左足は膝をついた状態で後ろに伸ばす。体をまっすぐにキープしたまま、股関節まわり、前の脚の鼠蹊部と内腿の伸びを感じていく。反対も同様に。

2.サスペンションブリッジ

陰陽ヨガのフロー
Yoga Journal

横たわり右足を前に立てる。体を支えている手、下の脚、骨盤を一直線上に。 

陰陽ヨガのフロー
Yoga Journal

右膝を前に倒して、体側の伸びを感じていく。反対側も同様に。

POINT

左手の位置は、心地良い位置に自由に調整。支えている手に痛みがあるときは、肘を床に下ろします。

3.ハーフバタフライ

陰陽ヨガのフロー
Yoga Journal

両脚を伸ばして座り、右膝を曲げて、かかとを鼠蹊部に引き寄せる。背中が自然なカーブになるようリラックスさせながら、前屈していく。反対側も同様に。

 

4.カウフェイス

陰陽ヨガのフロー
Yoga Journal

膝を曲げて両足を床の上に。 

陰陽ヨガのフロー
Yoga Journal

左足を右膝の下に入れて右腰の外側へ。右脚を左脚の上に交差させ、右膝を左膝の上に重ねる。そのままゆっくり前屈していく。反対側も同様に。

 

教えてくれたのは…ジャネット・ラウ先生

陰陽ヨガの提唱者。香港在住中華系カナダ人。オンラインマガジンLIFESTYLEASIAの「香港のベストヨガティーチャー2014」でTOP5位にランクインするなど、アジアで最もホットなヨガインストラクターの一人。陰ヨガをポール・グリリーから、禅と瞑想をティック・ナット・ハンから学ぶ。執筆・チャリティ活動など活動は多岐にわたる。

yoga Journal日本版Vol.44掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

陰陽ヨガのフロー
陰陽ヨガのフロー
陰陽ヨガのフロー
陰陽ヨガのフロー
陰陽ヨガのフロー
陰陽ヨガのフロー
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する