冷えを寄せつけない!巡りのよい体づくりに欠かせない栄養素って?

PIXTA

冷えを寄せつけない!巡りのよい体づくりに欠かせない栄養素って?

生理前や生理中は、子宮や卵巣に血液を集めようとするために、末端の血流が悪くなりがち。血流が悪くなると、むくみや貧血などにつながります。ヨガで血流をアップさせることも大事ですが、毎日の食生活の中で気をつけられることも。血流改善に欠かせない栄養素を、ヨガティーチャーの仁平美香先生に教えていただきました!

血流改善に欠かせないミネラル「鉄分」!

鉄は血液中のヘモグロビンと結びつき、酸素を運ぶ大切な役割を持っていますが、不足すると子宮や卵巣、そして脳への血流も減り、生理や婦人科系のトラブルの原因にも。くらくらする立ちくらみのような症状がなくても、集中力がない、体がだるい、息切れがするなどの症状があるときは鉄が不足している可能性も。鉄分には、体に吸収されやすい「ヘム鉄」と吸収されにくい「非ヘム鉄」があります。ヘム鉄は肉や魚に多く、非ヘム鉄は野菜や海藻、貝に豊富に含まれています。吸収されにくい非ヘム鉄も良質なたんぱく質やビタミンCと一緒に摂取すると吸収がよくなるので単品で済ませず、植物性、動物性食品をバランスよくとることが貧血解消には◎。「鉄分がとれるおすすめ食材」は、ひじき・いりごま・卵黄・小松菜・しじみ・かつおなど。

めぐりのよい体作りに欠かせない栄養素って?

これらを食事に取り入れてめぐりのよい体を目指しましょう!

 

教えてくれたのは…仁平美香先生

ヨガインストラクター、「女性のためのヨガ協会」代表。重度のPMSや生理痛を克服した自らの経験をもとに「月経血コントロールヨガ(子宮美人ヨガ)」「体軸ヨガ」などを指導。セラピストとして整体も行う。

 

yoga Journal日本版Vol.39掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

めぐりのよい体作りに欠かせない栄養素って?
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する