「一人ひとりの満足度を追い求めてきた」|浅野佑介さんの転身ストーリー

Kenji Yamada

「一人ひとりの満足度を追い求めてきた」|浅野佑介さんの転身ストーリー

生徒さんから圧倒的な支持を集め、メディアやイベントでもひっぱりだこのヨガ講師たち。そんな彼らに共通しているのは、「セカンドキャリア」としてヨガ講師を選んでいるということ。彼らの転身までの背景を知ることは、「どうしてヨガ講師として成功できたのか」に結びついているに違いない、そんな思いからスタートした企画。異業種からヨガ講師へ転身した彼らの、決意、行動、思いから、「本当に良いティーチャーとは」という講師の素質にも迫ります。

♯CASE10「スポーツ用品販売員」からの転身ストーリー

20代で様々な職業を経験し、夢中になれる仕事を探していた浅野佑介さん。キャリアアップを重ねて辿り着いたのが、「ヨガ講師」。自分らしく咲きヨガを教える姿は眩しく、温和な人柄と確かな指導力で人気は留まるところを知りません。つまずきと成功が入り混じる浅野さんのキャリアを辿りながら、リピーターが絶えない指導法の原点を探ってみました。

――ヨガ講師になる前は、どんな職業をしていたのですか?

新卒で自動車ディーラーの仕事に就き、その後スポーツ用品の販売員、デイサービススタッフ、ジムトレーナー……。20代は本当にいろいろ経験しました(笑)。自動車ディーラーの頃は3ヵ月間売上ゼロ、営業成績は万年最下位でした。実は車にそれほど興味がなくて、知識を深める情熱もなかった。お客様に質問されても答えられず、当然の成績ですよね。次は好きを仕事にしようと思い、行き着いたのが子どもの頃から親しんできた「スポーツ」でした。販売員として地元・茨城のスポーツ用品店に就職すると、好きこそものの上手なれでほとんどの商品を自分で試していましたね。だからお客様に何を聞かれても答えられ、僕なりの接客で気付けばトップ販売員になっていました。ヨガ講師になった今も当時の接客姿勢がベースにあり、もちろん他の仕事で得た経験もすべてヨガ講師の糧になっていると思います。

浅野佑介
Photo by Kenji Yamada
浅野佑介
フィットネスジムのトレーナーとして体に寄り添う経験も

Text by Ai Kitabayashi
Photos by Kenji Yamada

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

浅野佑介
浅野佑介
浅野佑介
浅野佑介
浅野佑介
浅野佑介
浅野佑介
浅野佑介
浅野佑介
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する