「突き動かされるようにヨガ講師の道へ」中村優希さんの転身ストーリー

Shoko Matsuhashi

「突き動かされるようにヨガ講師の道へ」中村優希さんの転身ストーリー

生徒さんから圧倒的な支持を集め、メディアやイベントでもひっぱりだこのヨガ講師たち。そんな彼らに共通しているのは、「セカンドキャリア」としてヨガ講師を選んでいるということ。彼らの転身までの背景を知ることは、「どうしてヨガ講師として成功できたのか」に結びついているに違いない、そんな思いからスタートした企画。異業種からヨガ講師へ転身した彼らの、決意、行動、思いから、「本当に良いティーチャーとは」という講師の素質にも迫ります。

♯CASE5「アパレルメーカー営業職」からヨガ講師への転身ストーリー

存在そのものに癒しのオーラが漂い、場の空気を和ませてくれる中村優希さん。アロマやマッサージを取り入れたリラックス系のヨガレッスンが得意と聞いて思わず納得。心から伝えたいと思うヨガに出会うまでの道のりや、自身のブランディングへのこだわりについて、穏やかさの中に秘めたヨガへの情熱とともに語っていただきました。

――ヨガ講師になる前は、どんな職業をされていたのですか? また、ヨガに出会ったきっかけを教えてください。

「体育大学の卒業を機に13年間続けていた新体操を引退し、その後はバレエ、ダンス用品、ヨガウエアを扱うチャコットに新卒で入社しました。配属されたのは、新体操部門の営業職です。選手時代に使っていたレオタードや道具はすべてチャコット製だったので、これも何かのご縁ですね。選手の目線で商品の魅力を語ることができたり、デモンストレーションをしながら道具の使い心地をプレゼンでき、説得力のある営業がよい結果につながっていました。ヨガは新体操を引退し、チャコットに入社した頃に始めました。営業の仕事にやりがいを感じていましたが、数字に追われる毎日はやっぱり大変。

精神的な疲れや運動不足からスポーツジムに通い始め、そこで初めてヨガクラスに参加したんです。体が柔らかいので「ヨガなんて簡単!」と鷹をくくっていたのですが……。やってみると想像以上に奥が深く、体の使い方一つを取っても初めて知ることばかり。シャヴァーサナの後に味わった霧が晴れるようなスッキリ感も新鮮で、ビビッときました(笑)。ヨガをもっと知りたい、いつか自分もヨガ講師になりたいと思い、レッスン後に担当してくれたインストラクターのもとへ。指導者資格を取れるスクールがあると教えてもらいすぐに資料請求をしたところ、最初に連絡をくれたYMCメディカルトレーナーズスクールに入校しました」

中村優希
Photo by Shoko Matsuhashi
中村優希
チャコットでの営業職時代の一枚。最近チャコットのモデルを務め、ヨガインストラクターになってからもいいご縁が続いています

Text by Ai Kitabayashi
Photos by Shoko Matsuhashi

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

中村優希
中村優希
中村優希
中村優希
中村優希
中村優希
中村優希
中村優希
中村優希
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する