米国ポッドキャスターのサクセスストーリー【聴衆の心をつかむ5つのコツ】

Ashley Turner&Christopher Dougherty

米国ポッドキャスターのサクセスストーリー【聴衆の心をつかむ5つのコツ】

アーサナ(ヨガのポーズ)と瞑想の指導者で、人気ポッドキャスト番組のパーソナリティもつとめるロージー・アコスタは、ヨガと楽観的な視点が彼女の人生を救ってくれたと語る。彼女のストーリーを見てみよう。記事の最後では、ポッドキャスト聴衆の心をつかむ5つのコツも伝授してくれた。

ある晴れた日の午後、ハリウッドヒルズに住むロージー・アコスタは日当たりのいいリビングのソファーで膝を抱えて座りながら、ベストセラー作家でアーユルヴェーダ実践者のサハラ・ローズ・ケタビと話していた。友人同士のふたりは会うなりハグをして、アコスタがハーブティーにはまっていることや、ケタビの婚約について盛り上がっていた。だが今回ふたりが会ったのは仕事のためだった。ケタビは伝統的なアーユルヴェーダのレシピを現代風にアレンジした彼女の新しい料理本『EatFeel Fresh』をアコスタのポッドキャスト「Radically Loved」で紹介するためにゲストとしてやってきたのだった。

ヨガで人生を築く
愛にゆだねる アコスタのポッドキャスト「Radically Loved」のリスナーは12万人に達している/photo by Ashley Turner&Christopher Dougherty

共にアーユルヴェーダに傾倒しているアコスタとケタビは、つい最近6日間のパンチャカルマから戻ってきたばかりだ。これはアーユルヴェーダ療法の中で最もハードな解毒プログラムだ。治療では体のドーシャのアンバランスを解消するために5つの浄化法が行われる(アーユルヴェーダでは、生理機能と精神活動を司る3つのエネルギーをドーシャと呼ぶ)。彼女たちに言わせれば、下剤を飲んで、トイレに行って、オイル漬けになって生まれ変わるのだという。おまけにものすごい量のギーを使う!「視界をクリアにするために目にギーを垂らしたり、ギーで耳を綺麗にしたりするのよ」とケラビは目を丸くする。「とにかく体じゅうギーだらけよ」

もちろんプログラムには瞑想や内省の時間やアーユルヴェーダの基本食として用意されるキチュリ(ここでもギーを使う!)も含まれる。そのパンチャカルマでのランチの時、ケタビはアコスタの驚くべき能力を知ったと言う。「実は彼女は霊能力者なのよ」

アコスタとケタビは、何があったのかを話してくれた。彼女らはほかのふたりの友人と一緒にパンチャカルマリトリートに参加していた。その日は、消化管の解毒を行うヴィレチャナの日だった。彼女らは下剤を飲んで、それぞれの部屋にこもっていた。午後3時ごろ、アコスタは昼寝をした。それから午後4時半に目覚めると、瞑想を始めた。「しかも2時間続けて」。1回の瞑想としては今まででいちばん長かったと彼女は付け加えた。

「すると奇妙なことが起こり始めたのよ。まるで幽体離脱のような感じ。そして突然、ほかのみんなが何をしているのか覗きに行きたくなったの」

story by Lindsay Tucker
photos by Ashley Turner&Christopher Dougherty
hair&make-up by Michelle Hodnett
translatedSachiko Matsunami
yoga Journal日本版Vol.65掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ヨガで人生を築く
ヨガで人生を築く
ヨガで人生を築く
ヨガで人生を築く
ヨガで人生を築く
ヨガで人生を築く
ヨガで人生を築く
ヨガで人生を築く
ヨガで人生を築く
ヨガで人生を築く
ヨガで人生を築く
ヨガで人生を築く
ヨガで人生を築く
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する